「部屋とYシャツと私」第2弾!「部屋とYシャツと私~あれから~」

部屋とYシャツと私~あれから




2019年8月、平松愛理の30周年記念NEWシングル 「部屋とYシャツと私~あれから~」が発売されました。

平松愛理が「部屋とYシャツと私」のオリジナルを書いたのは1990年。

友人が結婚するということで、約2か月間かけて作ったそうです。

その曲は3枚目のアルバムに収録されましたが、すぐにヒットしたわけではありませんでした。

作曲から2年後に有線のリクエストでヒットチャートを駆け上っていき、シングルカットになり、そして平松愛理の代表曲となったわけです。

それからは、周囲の人たちから「第2弾を書いてくれ」と何度も言われてきたそうです。

しかし、そんなに簡単に書けるものではありません。

オリジナルを超えることは絶対に無理だし 超えられないとわかっていて書くのも嫌。

そんな平松愛理ですが、本人も「いつかは書きたい」との思いがあったのでしょう。

今書かなければ、この先はもっと書けなくなる。

「これが最後のタイミングかな」と決心。

部屋とYシャツと私~あれから~が誕生しました。




部屋とYシャツと私~あれから~は、「部屋とYシャツと私」から20年後の夫婦の形を表しています。

「部屋とYシャツと私」同様、主人公(平松愛理)が旦那さんに向けた気持ちが綴られています。

ちなみに、メロディーは「部屋とYシャツと私」と同じ。

歌詞だけが変わった感じですね。

歌い出しは、「お願いがあるのよ。あなたの名字になった私」

私が初めて「部屋とYシャツと私~あれから~」を耳にした時は、「部屋とYシャツと私」と思い込んで聴いていました。

すると、突然歌詞が変わったのでビックリしました(笑

それくらい、歌声は当時と変わらず綺麗です。

当時、「部屋とYシャツと私」をよく聴いた方は絶対に聴いてみてほしいですね。

曲の懐かしさと共に、結婚前~結婚後の歌詞の変化をぜひ味わってみてください。





部屋とYシャツと私~あれから

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児とブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級