下関で安くて旨いフグ「ふく刺しぶっかけ丼」を食べてきたよ

ふく刺しぶっかけ丼




山口県の下関にフグを食べに行ってきました。

下関はフグの本場です。

でも、下関では「ふぐ」のことを「ふく」と呼びます。

これには諸説あるようですが、「ふぐ」は「不遇、不具」を連想させるので、それよりも「福」のほうが良いイメージだからというのが有力な説のようです。



ふぐの本場の下関でフグを食べた!

といっても高級料亭のような敷居が高いお店ではなくて、気軽に入れる定食屋さんのような雰囲気、お値段も非常にリーズナブル。

それが、「ふくの河久」さん。

ふく刺しぶっかけ丼

【ふくの河久】下関市唐戸町5-1

ふくの河久さんの目の前には関門海峡が広がっています。

ふくの河久 関門海峡

ふくの河久さんイチオシメニューがふく刺しぶっかけ丼

お店の看板より大きくPRしているふく刺しぶっかけ丼

他には、こんな品々がありました。

ふく刺しぶっかけ丼

ふく刺しぶっかけ丼です。

ふく刺しぶっかけ丼

これだけふぐが乗っていて、お値段は880円。

なぜこんなに安いかというと・・・

このフグは、「トラフグ」ではなく「マフグ」なのです。

市場に出回っているトラフグの殆どは養殖モノで、マフグは殆どが天然モノだとか。

養殖モノは安定供給できる反面、それだけコストもかかります。

天然モノはコストがかからない分、安く提供できるということですね。

そして、肝心の両者の味の違いですが・・・

どちらも殆ど同じだそうです。




マフグの色は綺麗な飴色と聞いてはいましたが、まさにその通りですね。

身に黒いスジ状のものがいくつも付いています。皮でしょうか?

ふく刺しぶっかけ丼

刺身と一緒にコラーゲンたっぷりの皮も乗っていますね。これは湯引きかな?

フグの上がうっすらとオレンジ色に見えるのはタレです。

これはポン酢なのですが、はじめから掛けられた状態で出てきます。

このポン酢の味がちょっと強すぎかな?と感じました。

下の方はポン酢が溜まってご飯がかなりしょっぱかったです。





ふく刺しぶっかけ丼

2 件のコメント

  • 嫁さんの実家は山口で、フグは正月何かに出てきます、トラフグも美味しいけど、外野フグでも調理法次第ではウマウマですね!😄!

    • 坂田さま
      山口は正月からフグですか!
      さすが本番ですねー😆
      それぞれのフグの味の違いはわかりませんが、きっとどれも美味しいのでしょうね!

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児とブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級