うな重そっくりという「なすの蒲焼き重」を確かめに群馬のかわとみに行って来た

なすの蒲焼重 かわとみ




見た目はうなぎの蒲焼きだけど、実はナスの蒲焼き

そんな、「なすの蒲焼き重」が食べられるお店が群馬県にあるという情報をキャッチしました。

うなぎは好きだけど、なすも割と好き。

うな重に似たなす重だとしても、けっこう美味しく食べられるのでは?

ということで、食べに行ってみました。



「なすの蒲焼重」が食べられるお店は、群馬県の太田市にあります。

北関東自動車道の太田強戸ICから車で5分ほど。

到着しました。「かわとみ」さんです。

【かわとみ】群馬県太田市強戸町178-2

営業時間:11:00~16:00
定休日:水曜日・木曜日
駐車場:あり

ナビを頼りに車を走らせ、目的地まであと数百メートルまで迫ったものの・・・

左右を見ても田んぼしかない景色。

「ナビの入力ミスだな。オタンコナス」

と思った次の瞬間、お店が現れました。

かわとみ外観(上はグーグルストリートビューの画像です)

ご覧のように、お店の周りは360度田んぼ。

なすの蒲焼重 かわとみ

なかなか興味深い場所に建っている。

では、駐車場に車を停めて行きましょう。

なすの蒲焼重 かわとみ

写真の小窓はおそらくテイクアウト用。

店内で食べる場合には、建物をぐるっと回ったところに入口があります。

店内の様子。

なすの蒲焼き重 かわとみ内観

それでは、「なすの蒲焼重」を注文します。

ちょっと寒いけど、見晴らしの良いテラスで食べましょう。せっかくですしね。

なすの蒲焼重 かわとみ

空気も美味しいので、きっとなす重もより美味しく感じることでしょう。

このテラス席はペット同伴可のようです。




「かわとみ」さんはセルフサービス。呼ばれたら自分でカウンターまで取りにいきます。

これがなすの蒲焼重です

なすの蒲焼重 かわとみ

期待を胸に、フタを開けます。

なすの蒲焼重 かわとみ

おぉ!うなぎっぽい!本当にナスなの?

なすの蒲焼重 かわとみ

ナスですね(笑

食べてみると・・・

やっぱりナスですね。

「かわとみ」さんによると、ナスだと気が付かず、食べ終わるまでうなぎだと思い込んでいたお客さんもいるとか。

さすがにそれはないと思いますけど(笑

このナスもふっくらとはしているけど、うなぎとは食感が全然違うし。

そもそも、メニュー名がなすの蒲焼重ですし(笑

「なすとご飯だけだと物足りないのでは?」と思われる方もいるかと思います。

でも大丈夫。

ナスの下には鶏肉が入っています。

なすの蒲焼重 かわとみ

この鶏肉もタレとよく絡み合っていて良い味。

焦げて香ばしいタレがとにかく美味しくてご飯がすすむ。

ネタ的にも味も満足の「なすの蒲焼重」でした。






なすの蒲焼重 かわとみ

4 件のコメント

  • 茄子の蒲焼きも、蒲焼きのタレが染み込んで、ヘルシー&ご飯との相性も良さそうな、女性には好まれるかも知れませんね😄!

  • ややや?!これは見た目まんま蒲焼ですやんか!ひっくり返さずに食べれば完全に勘違いww裏側がもろナスwwでもタレが絡んでおいしそうですね。重箱から香りが漂ってきそうです。

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ