深川釡匠のアサリどっさり「深川めし」




深川めしを食べてきました!

お店は下町江東区にある「深川釡匠」さんです。

【深川釜匠】東京都江東区白河2-1-13

「深川めし」というのは、江戸伝統のアサリの炊き込みご飯です。

具はアサリとシメジ、それからネギと刻みのりでした。

薄めの塩味に仕上がっていますが、アサリの出汁がぎゅっと詰まっています。

おこげもちゃんと入っていますよ。

最初は「アサリが少ないなー」と感じたのですが、食べ進めていくとご飯の中からゴロゴロと出てきます。

形がしっかりとした大きなアサリたち。

ぷっくらとしていて弾力があるので、けっこうな回数を噛まないと飲み込めません。

この深川めしは、味噌汁と昆布の佃煮とおしんこ(食べ放題)が付いています。

江戸庶民の暮らしがいまだに残っている深川。

住宅にまぎれて個人経営の肉屋や魚屋などがひっそりと。

この店はそんな下町情緒あふれる場所にあります。

この雰囲気、ただ散策するだけで不思議な安心感がありますね。





コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ