馬車道の老舗割烹「福久」でちょっとリッチな鱧(はも)のフルコース

馬車道 福久 鱧




鱧(はも)ってご存じですか?

ウナギのような太刀魚のような長細い魚です。

関西、特に京都ではポピュラーな魚ですが、関東ではあまり食べる機会がありませんね。

たまーに、ちょっと良い温泉宿の食事などで少量だけお目にかかる程度です。

鱧の旬は6~7月の初夏。まさに今ですね。

ということで、鱧を求めて横浜馬車道にある老舗割烹の「福久」さんに行ってきました。

鱧のフルコースをたっぷりと堪能してきたので、その様子をお伝えします。



「福久」さんへは、みなとみらい線の馬車道駅からは徒歩1分。JRの関内駅・桜木町駅から共に徒歩7分。

さあ到着しました。

馬車道 福久

【福久】神奈川県横浜市中区南仲通4-49

馬車道 福久

明治26年創業という超老舗店。

「福久」という店名の由来は、「永久の幸福」だそうです。

この日は予約だけの営業のようでした。

馬車道 福久

事前に予約をしていたので大丈夫。

案内されたのは、なんと個室でした。

馬車道 福久

庭園が見える和のお部屋です。

馬車道 福久

しかし、たしか個室はプラス料金がかかるはず・・・

お店側に確認したところ、個室料金はサービスしてくれるという事でラッキーでした。

では、料理の登場順にご紹介していきます。

まずは前菜から。

馬車道 福久 鱧

見た目涼し気なエシャレットと鱧の煮凝りなど。

お次は、かなり楽しみにしていた鱧刺しです。

馬車道 福久 鱧
馬車道 福久 鱧

扇状に並べられた鱧の身と、お皿の真ん中に盛ってあるのは鱧の皮です。

鱧の刺身って歯応え旨味共に深いですね。

身は小さいですが、旨味が本当に凝縮されているんです。

こちらは湯引き。 ↓↓

馬車道 福久

湯引きは、梅肉ソースまたは酢味噌を付けて頂きます。

馬車道 福久
馬車道 福久 鱧

お次は茶碗蒸し。

馬車道 福久 鱧

これも梅肉がかかっていますね。

この茶碗蒸し、仮に鱧が入ってなかったとしてもかなり美味しい!

サラダにも鱧が入っています。

馬車道 福久 鱧

私が大好きなチョレギサラダ風です。ごま油の風味ともよく合う鱧。

そして、鱧の天ぷら。

馬車道 福久 鱧

シンプルに塩で頂きます。

素材の味が一番わかりやすい食べ方が「塩だけ」。しょっぱくならないよう、ほんのちょっとだけ。




では、そろそろ本日のメイン料理。

鱧しゃぶです。

馬車道 福久 鱧

身は一旦おいといて、とても珍しい3種の部位をご紹介します。

それは、鱧の「肝と浮き袋と卵」です。 ↓↓

馬車道 福久 鱧

これを、それぞれしゃぶしゃぶして頂きます。

まずは肝を。 ↓↓

馬車道 福久

それから、浮き袋。 ↓↓

馬車道 福久 鱧

浮き袋という部位は聞いたことありますが、食べたのはたぶん初めてです。

とても不思議で面白い食感でした。

さらに、見た目がカリフラワーのような卵。 ↓↓

馬車道 福久 鱧

こちらもツブツブした食感が面白い。

では、鱧の身をしゃぶしゃぶします。

馬車道 福久 鱧

とても綺麗な色ですね。

これを鉄鍋に投入し、数秒間待って取り出すと・・・

こんな風に身がフワフワに広がります。 ↓↓

馬車道 福久 鱧

これに、特製ポン酢をちょっとだけつけて頂くと・・・

馬車道 福久 鱧

鱧のほんのりとした甘さと、ポン酢の酸っぱさが絶妙なバランスなのです!

しゃぶしゃぶの後は、やはり雑炊ですね。

これは仲居さんが作ってくれるので楽チンです(笑

馬車道 福久 鱧

ちょいちょい現れては、雑談に付き合ってくれる好印象の仲居さんでした。

溶き玉子を加え、塩(産地を忘れました)を加えながら仕上げてくれます。

馬車道 福久 鱧雑炊

鱧や野菜のダシが溶け込んだ、実に贅沢な雑炊です。

馬車道 福久 鱧雑炊
馬車道 福久 鱧

仲間たちも、「美味しいね」以外の言葉を発しません。

ラストはデザート。

馬車道 福久

鱧の刺身、湯引き、天ぷら、身と3種部位のしゃぶしゃぶ。それから雑炊。

身も心も非常に満たされました。

ご馳走様でした。






馬車道 福久 鱧

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児とブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級