移住人気ナンバーワンの「糸島」はカキも美味い!

糸島のカキ小屋




福岡北部にある糸島(いとしま)から、この時期ならではの糸島グルメをご紹介します。

自然豊かで都心までのアクセスの良さもあり、移住場所としての人気も高い「糸島」

そして、広島に負けず劣らずカキの名産地でもあり、冬季はたくさんのカキ小屋が営業します。

ということで、美味しい焼きガキを食べに「糸島」に行ってみました。

福岡市内からちょっと離れるだけで、こんなにのどかな自然が。

糸島のカキ小屋

気持ちの良い景色です。

そして到着しました、糸島です。

糸島のカキ小屋

たくさんの「カキ小屋」が並んでいますが、行くのは「マルハチ」さん。

糸島のカキ小屋
【マルハチ】福岡県糸島市志摩船越415-17

お客さんはまだ少ないですね。

糸島のカキ小屋

いきなり、まだ何も注文していないのに「カキめし」が登場。これはサービスなのでしょうか?

糸島のカキ小屋

おこげが美味しい。

糸島のカキ小屋

今回のお目当てはカキですが、それ以外にもたくさんのメニューがあるんです。

糸島のカキ小屋

とりあえず、「カキ」「ホタテ」「サザエ」を注文しました。

糸島のカキ小屋

こちらの「マルハチ」さん、ここのカキ小屋群の中では数少ない炭火焼きなんですよ。

糸島のカキ小屋

この炭火焼きコンロがあるだけでグッと良い雰囲気に。




では、焼きましょう!

・・・とその前に、ジャンバーとエプロンを借りて着用します。

すると、漁師さんに変身です(笑

糸島のカキ小屋

でもこれ、非常に助かりますね。

においや灰を防ぐだけでなく、カキは焼いてる途中で爆発して汁が飛び散るんですよ。

私の場合、後方から何度か汁が飛んできました(笑

でも、ジャンバーを着ていれば安心です。

私が飲んでいるビールは外部から持ち込んだモノです。ビール、焼酎、日本酒、ワイン等好きなお酒を持ち込んで楽しめます。でも、飲酒運転は絶対にダメ。




聞くところによると、カキには爆発させにくい焼き方があるそうです。

まずは、カキの殻の平らな方を下に向けて焼き、ある程度に火が通ったらひっくり返すと良いそうです。

糸島のカキ小屋

で、カキの口が開いて汁が吹きこぼれたら出来上がり。

糸島のカキ小屋

では、殻を外します。

糸島のカキ小屋

そのまま食べても美味しいですが、ポン酢をかけると更に美味しいです。

糸島のカキ小屋

お店には醤油とポン酢だけが置いてあり、それ以外の調味料は持ち込み可能です。

サザエも焼きます。

糸島のカキ小屋

そして、バターを垂らして。

糸島のカキ小屋

醤油をかけます

糸島のカキ小屋

バター醤油のいい香りがたまらんです。

1個350円の巨大ホタテ。

糸島のカキ小屋
糸島のカキ小屋

念入りに焼き過ぎましたね(笑)

糸島のカキ小屋
糸島のカキ小屋

店内はだいぶ賑わってきました。

糸島のカキ小屋

ついでに焼きおにぎりも作ってしまいましょう。

糸島のカキ小屋

しかし、焼きおにぎりって意外と難しいですね。

焼けるのに時間がかかるうえ、上手に焼かないとご飯がボロボロと崩れてしまいます。

1個は失敗しましたが、もう1個はまずまずの見栄え。

糸島のカキ小屋

さらに、ウニ丼とネギトロ丼も頂いちゃいます!

糸島のカキ小屋

これはみんな食べるべき旨さ。

獲れたて新鮮なカキをたくさん頂きました。

糸島のカキ小屋
糸島のカキ小屋

都会にもある「カキ小屋」ですが、こういう場所で食べると格別ですね。

景色と空気が美味しい。

自然を頂いて生かされている実感が湧きます。

この「マルハチ」さんの営業終了は3月下旬から4月中旬頃のようです。

気になる方はシーズン中に行きましょう!






糸島のカキ小屋

4 件のコメント

  • 貝三昧、こう言うの大好きです、!
    牡蠣小屋何かもまだ、行ったこと無いので一度は行きたいと、まさに海賊(貝族)気分に!
    美味しそう~😄!

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ