伊豆大島を代表するグルメ「べっこう」

青唐がらし粉末




伊豆大島には「べっこう」という郷土料理があるそうです、

観光に行ったついでに食べてみることにしました。

さて、一体どんな料理なのでしょうか。




「べっこう」とは、「島とうがらし」と呼ばれる青い唐辛子を醤油と混ぜ、そこに魚の切り身を浸したものです。

これは伊豆大島の多くの飲食店で食べられますが、今回は「寿し光」さんにお邪魔してみました。

【寿し光】東京都大島町元町1-4-7

観光客に人気のお寿司屋さんのようです。

店内はこんな感じでした ↓

寿し光の店内

ご飯にべっこうを盛りつけた「べっこう丼」というのもありますが、ここはやはりべっこう寿司を注文。

寿し光のべっこう寿司
寿し光のべっこう寿司

とても綺麗なべっこう色ですね。

食べる前から美味しさ確定です(笑

食感ですが、ねっとりしていて、イカのように若干プリッとした感じ。

ワサビとはまた違ったピリ辛でクセになりそうな味です。



こちらのお店は海のすぐそばで、窓からは綺麗な景色が・・・

寿し光からの景色

見えるはずでしたが、この日は荒天でした。

ちなみに、伊豆大島では「島とうがらし」を使った色々な加工品が買えるんですよ。

私は、「激辛 青唐がらし粉末」を自分用に購入してみました。

青唐がらし粉末

で、うどんや味噌汁などに使っていますが、少量でも結構辛いんです!

島外ではなかなかお目にかかれないので、まとめ買いすれば良かったです。



青唐がらし粉末

2 件のコメント

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住で二児の父。 サラリーマンをしながら不動産収入を得ています。 元祖温泉ソムリエ大家を名乗っていますが、かなりユルい大家です。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、ファイナンシャルプランナー、温泉ソムリエ(笑