伊勢エビの姿蒸しが食べたくなったら三重県の「華月」ですね

伊勢海老華月




伊勢エビが食べたくなりました。

大きな伊勢エビを蒸したやつをガブリと食べたい!

そんな時ないですか?

そういうのって、どこに行けば食べられるんだろう?

調べてみました。



そして、理想的なお店を見つけました。

三重県にある本格伊勢海老料理店「華月」さんです。

【華月】三重県鳥羽市大明東町16-3

店内のいけすには伊勢海老が大量にいました。

ちなみに、全てが三重県産の天然モノ。

この伊勢海老をそのまませいろに入れて蒸すと、ご覧のとおり真っ赤に変身します。

まるでマッカチンです。

伊勢海老華月

それにしても鮮やかな色ですね。

アップで見ると、怪獣みたいです。

伊勢海老華月

胴体と尻尾を引き離すと、真っ白な身が飛び出しました。

伊勢海老華月

身にかぶりつくと、海老の濃厚な味が口に広がります。

足に詰まっている身まで美味しくいただきました。




伊勢海老のサイズはコースによって異なり、料金が高いコースから順に特大~小まであります。

私が食べたのは中サイズですが、それでも満足できました。

テーブルの中央には蒸し器があり、店員さんがこれを使って海老以外にも牡蠣や野菜やらを調理してくれます。

伊勢海老華月

この店、雰囲気が非常に良いです。

ビール飲みつつ伊勢海老を食べているだけなのですが、和を基調とした内装、ゆったりとした座敷に非常に落ち着いて、何だかとても贅沢な気分にさせてくれます。

やはり飲食店に雰囲気は大事ですね。

お店は鳥羽駅からちょっと離れた場所にありますが、鳥羽駅やその付近の宿までバスで送迎してくれるのも嬉しいサービスです。






伊勢海老華月

2 件のコメント

  • 昔、伊勢に行った時、中国人の中学生ぐらいの子が英語で、伊勢エビ食べたいけとどう、注文していいか判らないから、話しかけて来ました
    伊勢エビ、私も昔年に一回必ず豪快舟盛りを食べに伊勢に行ってましたが、伊勢エビは必ず出てきました、伊勢エビやっぱりプリッツブリ!感じ最高ですね😄!

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ