「極楽湯 横浜芹が谷店」には中毒性あり

以前に、かなりの頻度で通っていた、極楽湯 横浜芹が谷店

極楽湯というのは、店舗数が日本一のスーパー銭湯です。

なので、行った事がない方でも、その名は聞いたことがあるのではないでしょうか。

極楽湯はスーパー銭湯とはいえ、ちゃんと天然温泉を使用しています。

そして、この横浜芹が谷店は大型店舗。

施設も充実していて、温泉好きなら一日居ても飽きないかもしれません。

遠方に転居してからはなかなか行けずにいたのですが、先日久々に行ってきました。

【極楽湯 横浜芹が谷店】横浜市港南区芹が谷5丁目54−8

営業時間:平日9:00~2:00 土日祝7:00~2:00
駐車場:200台

極楽湯横浜芹が谷店は電車の駅が近くにありません。

なので、ほとんどの方は車で来店すると思います。

しかし、中には「湯上がりにビールを飲みたいからマイカーでは行けないよ!」という方もいるでしょう。

そのような方は、極楽湯横浜芹が谷店~JR東戸塚駅間で無料の送迎バスがあるので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。
(詳細は極楽湯のホームページでご確認下さい)




さて、お店に着きました。

駐車場は広く、200台停められます。


この時は時期的にハロウィンムードでした。

入り口入ってすぐ左側には野菜コーナーがあります。

極楽湯横浜芹が谷店

では、靴を脱ぎシューズロッカーに入れましょう。

極楽湯横浜芹が谷店下駄箱

ここの鍵は受付に預けないので、帰りまで自分でしっかり保管しておきましょう。

次は券売機へ。

極楽湯横浜芹が谷店券売機

会員の方は、まず会員カードを挿入します。

そして、タオル持参の人は「入浴券」、持っていない人は「タオルセット」、それ以外は髭剃りやエステなどのオプションメニューもあります。

カミソリや下着、ちょっとした化粧品等も売っていますね。

ボタンがたくさんあるので、最初はどれを選べば良いのかわからなくなりそうです(笑

会員は全てのメニューで特別価格。一般よりもお得ですよ。

券を買って受け付けを済ませ、通路を進みましょう。

極楽湯横浜芹が谷店店内

写真右側は食事処、左側は無料休憩所です。

休憩所は畳敷きで大型テレビ完備。新聞などもあります。


極楽湯横浜芹が谷店の休憩所

では、まずは浴場を目指しましょう。

こののれんをくぐり・・・

極楽湯横浜芹が谷店店内

さらに進みます。

極楽湯横浜芹が谷店店内

水槽には熱帯魚が泳いでいます。

極楽湯横浜芹が谷店熱帯魚

またまた進みます。

長い通路ですが、ピカピカに磨かれてツルツルの床が心地良いですね。

壁には色々貼られていますね。

これはお得な回数券。

私も通っている時にはよく買いました。




もちろんマッサージチェアも完備しています。

極楽湯横浜芹が谷店

男湯ののれんをくぐって扉を開けると・・・

極楽湯横浜芹が谷店

まだ通路は続きます。長いでしょ(笑)

極楽湯横浜芹が谷店

やっと脱衣所に到着しました。

極楽湯横浜芹が谷店

日焼けマシンが2台あります。

極楽湯横浜芹が谷店日焼けマシン

これは水素水。有料のお水です。

極楽湯横浜芹が谷店

試しに一度だけ飲んだことがあります。

さて、ここから先はお風呂で撮影NGなので、概要だけお伝えします。

極楽湯横浜芹が谷店のお風呂の種類
極楽湯横浜芹が谷店のお風呂の種類

〈内湯〉
・自然の湯
・スーパージェットバス
・ジェットバス
・電気風呂
・水風呂

〈露天〉
・水素風呂
・岩風呂
・黒湯炭酸泉
・壺風呂
・寝湯
・あつ湯
・遠赤外線タワーサウナ

露天のほうが種類豊富ですね。

一番人気は黒湯炭酸泉。

浴場の外に出るともう入浴できなかったり、再度入浴するときには何らかの手続きが必要というスーパー銭湯をたまに見かけますが、ここは施設外に出なければ何度も入浴することができますよ。




温泉の後は、もちろん食事処へ。

極楽湯横浜芹が谷店の食事処

座席数はかなり多いです。

それでも正月三が日はメチャクチャ混むので、順番待ちからの案内制になります。

私がお気に入りの席は44番。

極楽湯横浜芹が谷の食事処
極楽湯横浜芹が谷店の食事処

以前はテーブル上のピンポンを押して店員さんを呼んで口頭で注文でしたが、何年か前に端末での注文に変わりました。

極楽湯横浜芹が谷店の食事処
極楽湯横浜芹が谷店の食事処

ここでは、レギュラーメニューから季節限定のものまで色々食べました。

その中で私のオススメベスト3を発表します!



【第3位】塩こんぶキャベツ

極楽湯横浜芹が谷店の塩こんぶキャベツ

ビールのつまみとしてはもちろん、ビールを飲まない時でも食べちゃいます。

いつ食べても飽きない味。
 
 
【第2位】炙りしめさば

極楽湯横浜芹が谷店の炙りしめ鯖

これもビールがあれば最高のつまみになります。

私は端っこの三角の部分から食べるのが好き。

極楽湯横浜芹が谷店のしめサバ

脂があるので、ワサビは多めにのせるのが旨い。
 
 
【第1位】野菜たっぷり極楽ちゃんぽん

極楽湯横浜芹が谷店の極楽ちゃんぽん

麺がちょっと細めで、リンガーとはまた違ったちゃんぽんですね。

野菜たっぷりで肉もしっかり入っていて、色んなものが溶け込んでいる味わい深いスープ。

ちゃんぽんというよりはとんこつラーメンに近い気もします。
 
 
食事を済ませたあとは、その時の気分でまた温泉に入ったりします。

ただし、食べてすぐの入浴は健康上良くないので、休憩所でくつろいだりしてしばらく間を空けましょう。
 

ということで、かなり久々に行った極楽湯横浜芹が谷店ですが、いつも通り私が好きな空間で安心しました。

そういえば、極楽湯は数年前に中国にも進出して話題になりました。

日本のとはちょっと違う高級路線のようなので、どんな感じなのか一度行ってみたいです。

2 件のコメント

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ