台湾の北投温泉はものすごい酸性泉だった!

台湾 北投温泉 瀧乃湯




さて、今回の台湾旅行では温泉を味わってみたいと思います。

実は「温泉大国」といわれている台湾。

実にたくさんの温泉がありますが、今回選んだ温泉は、北投温泉の「瀧乃湯」

その気になる泉質ですが、とてもすごい酸性泉らしいです。

日本有数の酸性度を誇る「草津温泉」が大好きな私。

今回行く「瀧乃湯」は、草津温泉と比べるとどんな感じなのでしょうか。

では、行ってみます。



台北市内からちょっと足を伸ばし、「北投(ベイトウ)」まで行ってみました。

MRT(地下鉄)に乗ります。

台湾 MRT

路線図の中ほどにある「中山駅」から乗って、北の方にある「新北投駅」を目指します。(赤で囲った駅)

台湾 MRT

このMRT、運賃は安いし乗り換えも分かり易くて非常に便利なんですよ。

乗るには、まず自販機でキップを購入します。

キップといっても日本のような紙式ではなくて、「トークン」という青いプラスチックのコイン形です。

台湾MRT トークン

しかし、私たちは今回の台湾旅行ではプリペイドカードを使うことにします。

このカードの残金は0なので、まずはチャージをしましょう。

こんなふうに機械に置いてチャージします ↓

台湾 MRT チャージ

そして、改札に入る時と出る時にそのカードをかざすだけでOK。

この日に乗ったMRTは派手な車体でした。

新北投駅に到着しました。

台湾 北投温泉 瀧乃湯

若い人が多いですね。

そして、現地の若者はメガネ率が非常に高いのですよ。

どうやら、台湾でメガネはオシャレアイテムの定番のようです。

さて、駅から歩く事10分ほどで到着しました。

こちらが北投温泉の瀧乃湯です。

台湾 北投温泉 瀧乃湯

凄い外観ですね(^^;

歴史を感じさせますが・・・お化け屋敷も連想させます。

大変!番台のおじさんが倒れています!!

台湾 北投温泉 瀧乃湯

・・・と思ったら、堂々と寝ているだけでした(笑

おじさんが寝ているので、料金を払わなくてもこっそり入れそうなものですが、台湾人は誠実ですからそんな事はしません。

なるべくおじさんを起こさないように、腕の下にそっとお金を挟んで入っていましたよ。優しいですね。




さて、冒頭にお伝えした「草津温泉」は酸性泉で、pHは1.5~2と言われています。

pHの数値が低ければ低いほど酸度が強いのですが、この数値は胃液と同じくらいの強酸性なのです。

草津の湯畑に1円玉を投げ入れると、1週間で溶けてなくなるというのは有名な話ですね。それくらい溶かす力が強いのです。

※草津温泉の湯畑です

しかし、秋田県の「玉川温泉」は更に上手でpHは1.2。草津よりも強酸性と言われています。

で、こちらの「瀧乃湯」のpHはというと・・・

台湾 北投温泉 瀧乃湯

なんと、その玉川温泉とほぼ同じpHなのです!

そう、物凄い酸性!!

さらに湯温が・・・

台湾 北投温泉 瀧乃湯

なんと、42±2℃!熱そう。。

それだけではありません!この温泉、風呂場がとにかく大胆です。

上の写真に写っている壁の向こう側に行くと、いきなり巨大な浴槽が(笑

そして、簡易的な荷物置き場はありますが、脱衣所らしき場がありません。

間仕切りのない同じ空間に 脱衣場・荷物置き場・浴槽があるのを想像してみて下さい。

さっと脱いで荷物を置き、その荷物を見張りながら温泉に浸かるという感じです(笑




熱湯に近い温泉に入ること数分、熱さに耐え切れず浴槽外で涼んでいると・・・

「日本の方ですか?」と話しかけられました。

もちろん日本語で(笑

聞けばそのおじさんは沖縄県の石垣島の方で、台湾には何度か来られているそうです。

私は台湾では台北しか知らないのですが、そのおじさんは台南や高雄にも行ったことがあり、色々と興味深いお話を聞かせてくれました。

さらに、おじさんとお話をしている時に、別の方からも片言の日本語で話しかけられました。

今度は地元のおじいさんです。

「お風呂から上がる時は、水で身体を洗い流してから出なさい。そうしないと皮膚が真っ赤になって大変な事になる。」

という趣旨のお話でした。

それだけ酸性度が高いお湯ということですね。

では、おじさんの助言に従って水シャワーを浴び、服を着て外へ出ます。

外は相変わらず暑いですが・・・ここで不思議な事に気が付きました。

汗を大量にかいたせいか、温泉に入る前より涼しく感じたのです。

台湾の温泉、なかなか貴重な体験でした。

【瀧乃湯】台北市光明路244号
営業時間:6:30~21:00(金曜日~23:30)
定休日:水曜日
日本語対応:不可



台湾 北投温泉 瀧乃湯

4 件のコメント

  • 男湯女湯の文字が読めるようになってるんですね(^∇^)それでも日本語対応不可ですか(^◇^;)中はだいぶワイルドなようで…常連さんにはなれなくても経験としてはアリですね(*´-`)

    • 櫂さま

      ここには日本語がわかるスタッフが常駐していないようですが、簡単な言葉なら通じるかもしれませんね。
      はい、かなりワイルドな温泉で良い経験ができました(笑

  • そうそう、台湾にも温泉があるのですよね。ただどこらへんにあるのかが今一つわからなったのですが、MRTで行けるのなら便利でわかりやすいと思います。予定は3泊4日ですので、時間があったら是非行ってみたいです!

    • popeさま

      他にも色々な温泉がありますが、今回ご紹介した「瀧乃湯」はMRTの駅から徒歩圏内なので行きやすいと思います。
      もし時間があったら寄ってみてくださいね(^^

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ