西伊豆「喜久屋」の海賊焼きとは!?

喜久屋 海賊焼き




伊豆半島の西側を「西伊豆」といいますが、この辺り一帯には海賊焼きという食べ物があるそうです。

「海賊」という響きがなんだか物騒ですね。

この「海賊焼き」というメニュー名には由来があり、それは記事の後半で述べることにします。

いずれにしても、気になるので食べに行ってみました。



これは町おこしのご当地グルメのようですね。

海賊焼きが食べられるお店として有名な、「喜久屋」さんです。

【喜久屋】静岡県賀茂郡西伊豆町仁科803-2

この喜久屋さん、外観はいかにも地元客が多そうな老舗店という雰囲気。

店に入るなり、女将と思しきおばちゃんから「B級グルメ(を食べに来たの)?」と聞かれました。

どうやら、この海賊焼きを食べに遠方から訪れる客も多いのでしょうね。

それなら話が早いです(笑

では、その「海賊焼き」を注文します。




しかし、注文していないオニオンスライス、ポテトサラダ、ひじき煮が出てきました。

お通しでしょうか?

これは嬉しいサービスです!

どれも素朴で美味しい家庭の味といった感じでした。
 
そして、海賊焼きが登場。

真っ黒麺の焼きそばです。

岩のりどっさりなので、磯の香りがプーンと漂ってきます。

麺の色はやはりイカ墨。

麺にイカ墨を練り込んであるので、お歯黒になる心配はなさそうです。

そして、具にもイカがたくさん使われています。

カイワレとタケノコ(たぶん)入りとは珍しいですが、シャキシャキした食感が面白いですね。
 
これは焼きそばのジャンルでいうと、塩焼きそばになるのでしょうか?

いずれにしても、あまり食べた事のない味です。

「ブラック焼きそば」なら何となくイメージがわきますが、知らない人が「海賊焼き」と聞いてもどんな料理かピンとこないでしょうね。

なぜ「海賊焼き」なのかというと、その昔、西伊豆一帯は海賊に苦しめられていた歴史があり、それと深い関係があるのだそうです。





喜久屋 海賊焼き

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児とブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ