紅しょうが好きなら名代箱根そばの「紅しょうが天ぷらそば」




立ち食いそば屋風だけど、実は椅子に座って食べられる「名代箱根そば」

ここでは紅しょうがのてんぷらそばが頂けます。

紅しょうがを食べる機会で一番多いのは、吉野家の牛丼を食べるとき。

二番目に多いのは、出来上がっている焼きそばを買うときくらい。

しかし、どちらの場合も少量。

紅しょうがは、牛丼や焼きそばの味を引き立てる役目であって、入れ過ぎてそれらの味を損なってはいけない。

私にとって紅しょうがは薬味的な存在なので、単体で食べることはまずありません。

そんな紅しょうがが天ぷらの具になると、一体どんな感じになるのだろう?

という興味だけで食べに行ってみました。



「名代箱根そば」は、首都圏の小田急線沿線にあります。

私は町田店に行ってみました。

窓際の席でいただきましょう。

それでは、紅しょうがのかき揚げ天そばを注文します。

赤い天ぷらです。

桜えびの天ぷらのようにも見えますね。

何となく甘いと思ったら、玉ねぎも入っていました。

なるほど、意外と悪くないね。

スープを吸ってブヨブヨになったころものせいか、予想していた紅しょうがのシャキシャキとした食感は弱いかったです。

これはアリだね。






2 件のコメント

  • これも食べてみたいですけど…名代箱根そばて初めて知りましたσ(^_^;) 箱根はよく行くけどこういうのはみたときないのでググってみます 紅生姜の天ぷらの画像がとても美味しそうで…

    • 櫂さま
      名代箱根そばは東急線の駅のそばによくあります。
      箱根にあるわけではないので、箱根とどういう関係なのかは不明です(笑
      紅生姜お好きですか?それであれば、お店を見つけたら是非食べてみてください(^^

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ