珍しい自販機「だし道楽」に思わず二度見した

だし道楽




川崎を歩いていて、見慣れない自販機に気が付きました。

なんだろう?と近寄ってみると・・・

ん?醤油のボトル??

いえ、だしの自販機でした(笑

だし道楽

世には色々な自販機がありますね。

以前に、カットされたリンゴの自販機を紹介しましたが・・・

羽田空港に「リンゴの自販機」がありました

それ以外にも、東京駅にバナナの自販機などもあります。

しかし・・・だしの自販機は初めて見ました。



あご(トビウオ)のだしのようです。

サンプルをよく見ると、ボトルの中に魚が入っていますね。

だし道楽

焼きあごと昆布入りで一本700円。

こちらは、焼きあごと宗田節が入ったプレミアムで一本750円だそうです ↓↓

だし道楽

ボトルの中の魚はイメージだと思ったら、実際に丸ごと1匹入っているのでビックリ。

自販機でダシを買う人なんているのかな??

一本750円ですよ?

しかし、スーパーなどではまず売ってなさそうなダシなので、もし美味しければ口コミで広がって話題になるかも。

と思ってネットで調べてみたら・・・

このだしは2006年から自販機発売をしていて、知っている人は知っている商品なのだそうです。(詳細は『だし道楽』で検索してください)

設置場所は川崎だけではなく、近畿地方や中国地方にもあるんですって。

500mlでうどんだしが13杯分作れるそうですよ。

もちろん、うどんだけではなく、玉子かけご飯や冷奴にも使えます。

だし道楽
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

焼きあご入り だし道楽 500ml
価格:1480円(税込、送料別) (2019/6/1時点)

一般的に、ジュースの自販機を設置した場合、オーナーはジュース1本売れるごとに10~20円ほど手数料として貰えます。

寝ていても稼いでくれるのが自販機の魅力。

このだしは単価が高いですから、手数料もそれなりに貰えそうです。

私もアパマンのオーナーになったら、敷地内にこの自販機を設置したいですね。

現場からは以上です。






だし道楽

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ