もんじゃ焼きを食べに月島の「もんじゃストリート」まで行ってみた

おかめ総本店




たまに無性に食べたくなるもんじゃ焼き

食べに行こうにも、近場で食べられるお店ってけっこう限られる。

お好み焼き店でももんじゃ焼きは食べられるけど、バリエーションは限りなく少ない。

「それなら、月島に行っちゃおうよ」

月島のもんじゃストリートならもんじゃ焼き屋だらけのはず。

お店が選び放題。ハシゴもし放題。

ということで、月島のもんじゃストリートに行ってみました。



私は月島に近い下町育ちのクセに、もんじゃ目的で月島に行くのは今回が初めて。

まずは、ざっと散策してみます。

月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート

もんじゃだらけです。

月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート

しかし、これらはほんの一部。

もっともっとたくさんのもんじゃ屋さんがあります。

それにしても、店によってお客さんの入りに差があるのが面白いですね。

外まで順番待ちの列があるお店、一人もお客がいないお店など様々。

空いているお店のほうが早く食べられそうですが、ガラガラのお店は訳アリだろうから避けたい。

今回は事前リサーチをしていなかったので、特にお店の候補はありません。

どのお店にするかはヒラメキ頼り。

一通りメイン通りのお店を物色したので、今度は脇道に入ってみます。

すると、一軒のもんじゃ屋さんがありました。

月島もんじゃストリートおかめ

「おかめ総本店」さん。
【おかめ総本店】東京都中央区月島3丁目17-3

「あれ?おかめってさっきもあったよね?」

そう、上の写真を見て頂けるとおわかりかと思いますが、メイン通りにも「おかめ」さんがあったのです。

「たまたま同じ名前の店なのかな?」

でも、おかめマークが一緒なので同系列なのでしょう。

それにしても、メイン通りから外れているこちらの方が「総本店」なのですね。

店内を覗くと、空席がたくさん確認できました。




しかし、店の外に順番待ちの椅子が出ているあたり、「きっと人気店だろう」と予測し、このお店に決めました。

ご覧のとおり、まだ空席が多いです。↓↓

おかめ総本店

先客は1テーブルだけ。

一家総出(と思しき)6人組です。

みんなでワイワイというよりは淡々と、それこそ夕食を食べているかのような雰囲気。

家族で鉄板を囲んでもんじゃ。これぞ下町の風景ですね。

ほのぼのだったので、思わず「写真撮っていいですか?」と聞きそうになりました。

では、注文しましょうか。

月島もんじゃストリート

まずはつまみを何か・・・

壁に貼ってあるメニューの「俺のホルモン」を注文してみます。

おかめ総本店

・・・それにしても、ザーサイ率がかなり高い。。

ザーサイだけでこんなにバリエーションがあるなんて。恐るべしおかめ総本店。

さあ、「俺のホルモン」ですが、ホルモン・キャベツ・ニラとシンプルな内容でした。

ホルモンは冷凍ものなので、しっかりと火を通します。

おかめ総本店

味が付いているので、適当に焼いたらそのまま頂けます。

角ハイにバッチリ合う味だ。

では、そろそろもんじゃを注文しましょうか。

まずは「ニラ玉もんじゃ」から。

おかめ総本店

具材の下には汁がどっさりと入っています。

まずは具材だけを鉄板に落として焼きます。

おかめ総本店

大き目な野菜などもヘラで切りながら。

適度に火が通ったら、焼いた具材で円形の土手を作り、その中に汁をゆっくりと流し込みます。

おかめ総本店

それでも汁は土手の隙間から流れ出てくるので、ヘラで堰き止めます。

そして、この汁が蒸発した部分が後に「おこげ」となるのです。

「おこげ」はもんじゃの影の主役。ここ大事です。

そして、汁と具をよく混ぜ混ぜしたら出来上がり。

どれくらい火を通したら良いか?食べ頃は人それぞれですね。

私は少しドロドロの状態が一番美味しいと思います。

テーブルには、ソース・塩・コショウ・唐辛子などがあり、それらを使って色んな味が楽しめます。

お次は、「明太子もんじゃ+ベビースター」 ↓↓

おかめ総本店

これもまた同じ要領で焼いていきます。

おかめ総本店
おかめ総本店

ベビースターは鉄板トッピングですね。これを考えた人は天才だと思います。

明太子のツブツブとベビースターの組み合わせ。これ本当に最高。

おかめ総本店

これくらいで食べるのが一番美味しいですね。

綺麗な「おこげ」もできました。

おかめ総本店

次から次へとお客さんが来て、もうこの頃には店内満席。

店員さんを呼んでも、「ちょっとお待ちください」状態でした。

やはり人気店だったようです。

お次は「カレー+コンビーフ+チーズもんじゃ」 ↓↓

おかめ総本店
おかめ総本店

この土手は完成度が高い。↓↓

おかめ総本店

だいぶお腹が膨れてきましたが、カレーの香りでまた新たな食欲が沸いてくる。

「このもんじゃ、何かおこげが凄いな・・・」↓↓

おかめ総本店

と思ったら、コンビーフの焦げたやつだった。

そうそう、もんじゃを食べる時は箸ではなくて上の写真のヘラですよ。

ヘラはたいして熱くないですが、もし熱くてもガマンです!

途中で、店員さんが袋詰めにした「天かす」をお客さん1グループに一つずつ配っていました。

いつもあるサービスなのでしょうか?

天かす好きには有り難いサービスでしょうね。

この後は焼きそばを注文し、満腹で店を後にしました。

たまに食べるもんじゃ、やはり最高ですね。

もんじゃの香りをたっぷりと服に染みこませ、横浜まで電車で帰りました。






おかめ総本店

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ