銀座の過門香で北京ダック!ちょっとリッチなランチです

過門香の北京ダック




トマト会でのランチにて。

トマト会というのは、過去に一緒に仕事をしていた仲間たちとの食事会のこと。

私よりぐっと年上のマダム二人、それと準会員として私の友人Sさん、それと私の4人で構成されています。

今回はSさんが不参加のため、急遽別のマダムが参加することになりました。

そして、今回のランチに選んだお店は、本格中華料理店の「過門香(かもんか)銀座店」

とても美味しい本格中華が頂けるお店です。

今回のお目当ては北京ダック

普段あまり食べる機会のない北京ダック、この機会にしっかりと味わいたいと思います。



事前に過門香に連絡をし、とりあえず座席と北京ダック一羽だけは予約済み。

それ以外の料理は、単品を色々と注文して皆でシェアする予定です。

さあ、過門香に到着です。

過門香の北京ダック

【過門香 銀座店】東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビルB1F

ここで、とてもラッキーな告知を発見。

たまたま北京ダックフェアをやっていて、本来は一羽13,000円のところ、半額の6,500円となっていました。

過門香の北京ダック

この金額の差は大きい!

小さな文字で「ディナータイム限定」と書いてありますが・・・どういうわけか、この日はランチなのに割引適用されました。

では座席に案内されます。

なんとも豪華な内装に圧倒されました。まるで海外に来てしまったかのです。

過門香の内観

中国でよく見る茶館のようでもあります。

過門香の北京ダック

北京ダックだけはキープしていますが、その他の料理はどうするか未定。

で、当初は単品料理を色々と注文するつもりでしたが、急遽コース料理にすることに。

まず登場したのは珍しい「ライチ茶」 ↓↓

過門香の北京ダック

ライチの甘い香りがします。

が、味はあまりライチを感じさせません。

これは香りを楽しむお茶なのかもしれませんね。

料理は、コース料理の前菜から登場 ↓↓

過門香の北京ダック

ふかひれスープ ↓↓

過門香の北京ダック

塩分控えめで優しい味。とろみがあって温まります。

エビマヨ ↓↓

過門香の北京ダック

大ぶりなエビたち。ここへ来て濃厚なマヨの味が味覚をガツンと刺激します。

とても珍しいアワビ茸が肉厚で出ました ↓↓

過門香の北京ダック

五目あんかけ焼きそばや中華粥も頂きました ↓↓

過門香の北京ダック
過門香の北京ダック

少量ずつで、ほど良いお腹の膨れ具合。

北京ダックを迎え入れる準備は万端だ。




満を持して登場。北京ダックです。

惚れ惚れするようなツヤツヤな飴色。

過門香の北京ダック

こんがり焼かれていて艶があり、とても綺麗ですね。

しかし、これはちょっとお披露目しただけで、すぐに奥に引っ込めてしまいます。

この瞬間はちょっとした写真撮影タイムでした。

その後、シェフが皮だけを切って持って来てくれます。

過門香の北京ダック

ぱっと見、サラミとチーズの乾きものオードブルみたいですね(笑

これは、先ほどの北京ダックとそれを包む皮。それと、食感を良くするための揚げワンタンの皮です。

北京ダックは旨味がぎゅっと詰まってテカテカに輝いています。

過門香の北京ダック

北京ダックは全部で16枚。

私たちは4人なので、一人あたり4枚食べられる計算です。

この皮に・・・

過門香の北京ダック

北京ダックとネギとキュウリとワンタンの皮を乗せ、タレを付けます ↓↓

過門香の北京ダック

皮でそれらを包んでから頂きます。

想像通り、北京ダックの濃厚な脂がじゅわーっと口の中に広がります。

ネギとキュウリで脂っぽさが中和されるので、あまりしつこい感じではありません。

一人4枚ですが、私は1枚譲り受けたので5枚もいただいちゃいました。

「北京ダック」は、皮を楽しむもので、身はパサパサしているので通常は食べません。

しかし、こちらのお店では身も野菜類と一緒にピリ辛風に炒めてくれ、とても美味しく頂くことができました。(写真は撮り忘れ)

ごちそうさまでした。






過門香の北京ダック

4 件のコメント

  • 凄い綺麗で豪華な内装のお店なんですねw
    それだけで自分はきっと緊張してしまいそうです(苦笑)
    北京ダック自体もあまり食べた事がないので甘くてって言う以外の記憶しか無いんですw
    にしても美味しそうな食べ物の数々食べてみたいっす(笑)

    • 魔王さま
      そうですね、こんなに内装が豪華なお店とは知りませんでした(笑)
      北京ダックは美味しかったですが、ちょっと脂が多くてたくさんは食べられない感じでしたね。
      他の料理は美味しかったです😊

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児とブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ