横浜中華街には「緑のチャーハン」が存在した!

翡翠楼の緑のチャーハン

本日も横浜中華街からお伝えします。

横浜中華街の門

世にも珍しい緑のチャーハンを提供しているお店があるそうで、それを食べにやってきました。

本当に緑だった!
綺麗な色だった!
美味しかった!
食欲がわかない色だった!

等々、色々なウワサがあるチャーハン。

真偽を確かめに行ってきました。




そのお店は「翡翠楼新館」さんといいます。

翡翠楼外観

横浜中華街きっての実力店です。

【翡翠楼新館】横浜市中区山下町132

さあ、ではその緑のチャーハンをご紹介します。

翡翠楼の緑のチャーハン

その名も翡翠チャーハンです。

「翡翠(ひすい)」というのは深緑の宝石のこと。

これは確かに翡翠のように綺麗な色ですねー。

決して、「身体に悪そうな色」と思わないで下さい。

この緑はほうれん草の色ですから、鉄分豊富で栄養バッチリなのです。

しかも、無添加食材だそうで健康面でも安心です。

では、スープを飲んでみます。

翡翠楼の緑のチャーハン

この写真だけ見ると、まるで青汁みたいですね(笑

うっすらと塩味の聞いたほうれん草の味がします。

かなり優しい味のポタージュといった感じでしょうか。



では、チャーハンを食べてみます。

翡翠楼の緑のチャーハン

これは・・・しっかりと味の付いた普通のチャーハンの味です!

チャーハンなので当たり前なのですが。

色が色だけに味覚の準備ができていなかったので、これには軽い衝撃でした(笑

お米にも緑色のものが練り込んであるようです。

これもほうれん草なのでしょうね。

変わり種グルメですが、さすがは名物料理と言われるだけある本格派の味でした。

翡翠楼の箸
翡翠楼の緑のチャーハン

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ