伊豆大島の明日葉(あしたば)の生命力は驚異的

明日葉




伊豆大島への旅。

伊豆大島は明日葉(あしたば)の名産地。

明日葉というのは、「今日摘まれても明日には芽が出る」というほど驚異的な生命力を誇る植物。

伊豆大島にはそんな明日葉を使った料理がたくさんあります。

ということで、明日葉グルメのハシゴをしてきたのでお伝えします。



そもそも、「明日葉」がどんな葉っぱなのかわからない方も多いと思います。

どんな葉っぱかというと・・・

明日葉
明日葉
明日葉

葉っぱがギザギザしていて硬そうです。

見た目は食用っぽくないんですよね。

では、まずは「明日葉餃子」からご紹介します。

皮に明日葉が練り込んであるのを想像していたら・・・

明日葉餃子

皮は普通。中の餡に明日葉を入れてあるのですね。

緑色のモノが透けて見えるのが明日葉です。

ニラやキャベツ代わりでしょうか。

明日葉餃子
明日葉餃子

茎や葉がしっかりと入っています。

若干クセというか苦味を感じます。




お次は「明日葉の天ぷら」。

大島温泉ホテルの食事、自分で天ぷらを揚げて食べられる「椿フォンデュ」から。

明日葉天ぷら
明日葉天ぷら

ここで食べるのは茎ではなくて葉のみ。

揚げたてなのでカリッとしています。これは苦味は感じません。

さらに、「明日葉のゴマ和え」

明日葉おひたし

こういうおひたし系は好きですね。

ほうれん草のゴマ和えみたいな味をイメージして食べてみたら・・・

全然違った味でした。

ホテル客室のお茶うけも明日葉推し。

明日葉

あしたばごません
あしたばサンド
明日葉茶
の3品です。

ラストは売店で購入した「明日葉おにぎり」。

明日葉おにぎり
明日葉おにぎり

茎が山菜のようですね。

食感は割とシャキシャキしています。

他にも、「明日葉チャーハン」や「明日葉パスタ」や「明日葉ソフト」が食べられるお店もあるのですが、今回は時間の都合で寄れませんでした。

また伊豆大島に行った際には、これらの明日葉料理を制覇したいです。





明日葉

2 件のコメント

  • アシタバは知って今したが、食べ方があまり知りませんでした、天ぷらなんかも、美味しそう、餃子もアリなんですね、😄!勉強になりました。

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児とブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級