草津温泉のすごい生姜焼き

天下の名湯「草津温泉」

私の大好きな温泉で、この10年くらいはほぼ毎年行っています。

※これは冬に撮った写真です

この草津温泉のシンボルでもある「湯畑(ゆばたけ)」からは、毎分4,000リットルの温泉が湧き出ています。

草津温泉のすごさは湧出量だけではなく、その酸性度。

pH(ぺーハー)は実に2.1だそうです。

pHの数値が低いほど「酸性」の性質が高く、高いほど「アルカリ性」の性質が高くなるのですが、2.1という数値は日本でトップレベルの酸性度。

雑菌などの殺菌作用はバツグンです。

「湯畑に1円玉を投げ入れると1週間で溶けてなくなってしまう」ほど酸度が強いのですよ。(でも投げ入れてはいけません)

そのため、温泉の味は酸っぱく、肌はピリピリとした刺激を感じます。



夜の湯畑近辺もまた情緒あっていいですね。

そして、草津温泉の楽しみというと、温泉後の美味しい料理とお酒!

毎年何を食べるか考えるのもまた楽しみでもあります。

今回の宴は、湯畑のすぐ向かいにある居酒屋「暖」さんに決めました。

【暖】群馬県吾妻郡草津町大字草津113

1Fはお土産屋さん。2Fの提灯が吊るしてあるお店が「暖」さんです。

そして、お目当てのグルメは・・・

なんだと思います?

あ、タイトルでバレバレですね。

そう、豚の生姜焼き!

しかし、ここの生姜焼きの肉は一般的なやつとは違うんですよ。

これです!



ぶ厚くて食べ応え満点。

もちろん文句なく美味しいです。

ただ、食感がペラペラの生姜焼きとは違うので、人によってはペラペラのほうが好きという人もいるでしょうね。

この生姜焼きは、単品でも定食でも注文可ですよ。



生姜焼き以外にもこんな珍味も頂きました。 ↓

これは「串とんび」といって、イカのくちばし。3串で400円。

つまみに最高!

それから、写真は撮っていませんが、「ヤムチャ餃子」もおススメです!

春巻きのように揚げた餃子ですが、つまみに良しご飯のおかすに良し。


ところで、草津の湯畑は強烈な硫黄臭でも有名ですが、正確には「硫黄」ではなくて「硫化水素」の臭いです。

硫黄というのは無臭なのです。

なので、今後は「硫黄の臭い」ではなくて「硫化水素の臭い」と言いましょう。

「お、通っぽい!」と思われるかもしれませんよ。

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ