桜木町の「キンコンカン」で憧れの缶詰バー初体験!

キンコンカンのビール

突然ですが、BSーTBSで放送されている「吉田類の酒場放浪記」って番組をご存じでしょうか。

私の大好きな番組なのですが、以前に番組内で缶詰バーという形態のお店が紹介されていました。

あれは確か御徒町あたりの店だったでしょうか。

立ち飲み形式で、吉田類が日本酒を飲んでいる外人さんとコミュニケーションをとっているのが凄く楽しそうでしたね。

いつか行ってみたかった缶詰バー。やっと行く機会に恵まれました。

ただし、その御徒町のお店ではなく、桜木町にある缶詰バー。

お店の名は「キンコンカン」といいます。

【キンコンカン】横浜市中区花咲町2-63ノグ桜木町ビル1F

桜木町駅から行くとしたら、「野毛ちかみち」という地下道を通って南1出口から地上に出て徒歩十数秒。

セブンイレブンのすぐそばです。




さあ、お店に到着しましたよ。

見た目賑やかな店内の装飾。

缶詰バー、キンコンカンの店内
缶詰バー、キンコンカンの店内

ちょっとオシャレなバーのようですね!

明るく清潔感がある雰囲気が楽しい気分にさせてくれます。

そして、ここは立ち飲みではなく、きちんと椅子が完備されていますよ!

カウンター頭上には色々な缶詰がずらりと並んでいますね。

よく知っている缶詰から見たことのない缶詰まで色々。

缶詰には値段別に色分けされたシールが貼ってあるので、料金が分かりやすいです。

回転寿司の皿の色で金額分けされているのに似ていますね。

置かれている缶詰を眺めていると・・・

1万円超えの缶詰を発見!

しかし缶詰の文字がよく見えず、どんな缶詰かは不明でした。

その次に高いのは7千円強だったかな?こちらはウニの缶詰でした。

え?7千円払ってウニ缶食べるなら、そのへんの居酒屋で食べた方が安い?

それは言いっこなしです(笑)

売り物とはいえ、たぶんオブジェを兼ねて置いているのでしょう。



さて、缶詰の注文方法ですが、食べたい缶詰の番号を言うだけ。

すると店員さんが持ってきてくれます。

しかし、この店は缶詰を空けてそのまま出すのではなく、ちょっと手を加えて出してくれるんですよ。

温めたり、缶詰から出して皿に盛ってくれたり、野菜類を添えてくれたり。

缶詰バー、キンコンカンの缶詰
缶詰バー、キンコンカンの缶詰

なので、ただでさえ割高の缶詰が更に高い料金設定になっているのかも。

ですが、酒類は安いんですよ。

キンコンカンのビール

立地も良く気軽に入れるので、軽く一杯飲むのなら最適なお店だと思います。

このお店なら一人酒でも全く違和感がないので、一人酒デビューにもってこいなお店かもしれませんね(笑

キンコンカンのビール

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ