杏仁豆腐のクレープ!?さすがは横浜中華街

モミ&トイズの杏仁クレープ

またまた横浜中華街ネタです。

今回やって来たのは、カフェに併設されている小さなクレープ屋さん。

【モミアンドトイズ】横浜市中区山下町80

まずは、この券売機で食券を購入します ↓

モミ&トイズの杏仁クレープ

ちっちゃくて可愛い券売機ですね。

で、食券を渡すわけですが・・・窓口には誰もいませんね。。

モミ&トイズの杏仁クレープ

今はやりの人手不足でしょうか。

あ、カウンターには呼び鈴が置いてあり、「ご用の際にはこの鈴を鳴らして下さい」的な表示があります。

そこで、チリンチリンと。




すると、店員さんが奥から出てきました。

帽子を目深に被って客と目を合わさず、愛想も元気もない店員さんがクレープを作ってくれます。

モミ&トイズの杏仁クレープ

そして待つ事5分ほど。

杏仁豆腐クレープの登場です。

モミ&トイズの杏仁クレープ

生クリームと杏仁の味が絶妙なバランス。

杏子の味がしっかりとしています。

きっと本物の杏子の種を使用しているのでしょう。

甘すぎず、思ったよりもさっぱりとしていました。

油っぽい中華料理を食べた後の口直しに最適ですね。




さて、昔から中華街を知っている人からは「近年の中華街は変わった」とよく聞きます。

老舗店はどんどん閉店し、店によって味にかなりのバラつきがあり、どの店も「食べ放題」を掲げて観光地化してしまったといいます。

私が今までに横浜中華街に行ったのは10回ほどでしょうか。

なのであまり詳しくはないのですが、この日散策してみて、街の雰囲気が過去の記憶とはちょっと違うなとは感じました。

「ぐるなびで1位になりました!」、「食べログで1位になりました!」という看板を掲げる焼き小籠包屋さんたち。

そこに行列を作っている若者たち。

「せっかく横浜中華街に来て新興グルメかよ!」と、突っ込みを入れたくなりました(笑
(以前にご紹介した翡翠チャーハンもその類かもしれませんが)

もちろん、それが良いか悪いかを意見するつもりはありません。

街もグルメも生き残りを賭けて変わっていくものですからね。

モミ&トイズの杏仁クレープ

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ