究極のわさび料理と緑のビール

長野県にある、国内最大規模のわさび園「大王わさび農場」に行ってみました。

【大王わさび農場】長野県安曇野市穂高3640

その広さは・・・

東京ドーム11個分!

広いですねー。

そして、「大王」という名前からして風格を感じます。

しかし、これは単に運営している企業名なのだそうです。



ここのわさびは北アルプスからの豊かな湧水で育てられています。

北アルプスの湧き水というだけで何だか上品で美味しそうなイメージですね。

ここでは、そんなわさびを使った本わさび丼が食べられるんですよ。

では、券売機で食券を購入しましょう。

まずは、わさびビールから。

青汁っぽいですね(笑

飲んでみます。

・・・・・

なんとなく、ピリっというかツーンとした刺激を感じました。

でも、気のせいかな?という程度です。

いや、気のせいかも。

泡に混ざっているスジのようなものがわさびだと思いますが、炭酸のせいで味がわかりにくいのでしょうか。

炭酸が抜けきってしまえばわさび味がはっきりするかもしれません。

その時点ですでに不味いと思いますが(笑

料金は520円だったかな?いずれにしても、中生ビールの一般的な値段です。

色は奇抜だけど味は普通のビールとほとんど変わらない。

そんなわさびビールでした。



お次は、いよいよ「本わさび丼」

まず、目を引くのが本わさび。

堂々たるものですねー。

獲れたてで香り高いんですよ。

まずは、このわさびを自分でガシガシとすりおろします。

こんなもんですかね。

これに醤油を混ぜて・・・

わさびの茎と鰹節が乗ったあつあつご飯にかけて、しっかりと混ぜてから頂きます。

わさびを入れ過ぎると取り返しがつかないので、少しずつ足して好みの味に調整していきます。

それにしても、鰹節とわさび醤油は食欲をそそりますねー。

一口パクリ。

想像通りの味ですが、とても美味いです。

「ちょっと鼻にツンとくるねこまんま」といえば想像できるでしょうか。

シンプルなだけに、わさびの旨みが引き立っています。

わさびを味わえる究極料理というだけあります。

園内には水車小屋などもあって風光明媚な景色が楽しめますよ。

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ