レモン牛乳アイスの謎

 

 

栃木県でおなじみの「レモン牛乳」

栃木出身のU字工事がネタに使ったりもするので、飲んだ事はなくとも知っている方は多いと思います。

実は、この「レモン牛乳」にはカップアイスも発売されているのですが、今回はこのアイスにまつわる謎についてお伝えします。



このアイスは、東北道のとあるSAで見つけました。

ただでさえ懐かしい「レモン牛乳」。それのアイス版は初めて見たのでついつい購入してしまいました。

近頃はめっきりと食べる機会が減ったアイスクリームですが、今食べてもやはり美味しいですね。

とくに暑い日は味が格別。暑さで疲れが溜まった身体も癒される気がします。

その時、このアイスのカップを眺めていてふと気が付きました。

「関東・栃木レモン10%使用」

そして、下のほうには・・・

「無果汁」

レモン10%使用なのに無果汁って???

一見矛盾しているようなこの表示。

一体どううことでしょうか?



「関東・栃木レモン10%使用」ということですが、「関東・栃木レモン」とはこれのことです。

これが冒頭からお話ししている「レモン牛乳」のことですね。

で、アイスにはこの「関東・栃木レモン」を10%使用しているという意味ですが、そもそも「関東・栃木レモン」は無果汁です。

なので、アイス自体も無果汁という意味なのです。

でもこれ、アイスにレモン果汁が10%入っていると勘違いする人もいるでしょうね。

ちなみにこの「関東・栃木レモン」、以前はちゃんと「レモン牛乳」という商品名でしたが、ある時期からこの商品名に変わりました。

牛乳による食中毒事件を機に、生乳100%以外は「牛乳」と名乗れなくなったのが理由らしいです。

しかし、なぜ商品名を「関東・栃木レモン」にしたのでしょうね。

「関東」の文字は不要な気がするのですが・・・逆に「関東」の文字が大きく強調されているのも謎です。

余談ですが、アイスクリームには賞味期限がないのをご存じでしょうか。

-18度以下で保管ができていれば品質変化がほとんどないので、賞味期限の記載は免除されているのだそうです。

とはいっても、実際には長期間冷凍しておくと霜が付着しますよね。

ところで、レモン牛乳シリーズは色々なメーカーから色々な商品が発売されています。


他にも、クッキーやラングドシャやドロップなどなど。

栃木に行った際には物色してみてはいかがでしょうか。

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ