カレーうどん専門店の古奈屋では「バナナの天ぷら」が食べられる

古奈屋バナナ天




カレーうどん専門店の「古奈屋(こなや)」。

首都圏5店舗と韓国に1店舗あります。

この古奈屋には珍しいメニューがあります。それは・・・

バナナの天ぷら

早速、横浜駅の地下街にある「相鉄ジョイナス店」に食べに行ってみました。



メニューを見ると、確かにバナナ天がありました。

では注文、バナナ天カレーうどんです。

古奈屋バナナ天

価格は1,300円ほどでした。

ころもに包まれたバナナ。甘そうです。

古奈屋バナナ天

バナナを天ぷらにしたら、どんな味がすると思いますか?

・・・普通にバナナを天ぷらにした見た目通りの味でした(笑

硬くも柔らかくもなく、味もいつものバナナです。

加熱すると甘みが増しますが、思っていたほどの甘みは感じませんでした。

むしろ、若干さっぱりしているかな?という感じ。




ちなみに、このバナナ天は単品でも注文可能です。

テーブルにある天ぷら用のカレー粉をまぶしても良いですが、ここはやはりカレーうどんに入れて食べましょう。

古奈屋バナナ天

ココイチのような辛いカレーなら甘いバナナがアクセントになるのでしょうが、古奈屋のカレーはクリーミーマイルド系。

マイルドなカレーが更にマイルドになりました。

それにしても、バナナを天ぷらにするなんて面白いアイデアですね。

誰がこんなのを考えたのでしょうか。もっとやってください(笑

【古奈屋 相鉄ジョイナス店】横浜市西区南幸1-5-1ジョイナスB1F






古奈屋バナナ天

2 件のコメント

  • 単品は塩がおすすめ!とのことでしたが、カレーうどんのトッピングとは・・・でも相性はよさそうですね。マイルドではなく激辛に入れたらおもしろいアクセントになると思いますが、どうでしょう?

    • popeさま
      はい、私も激辛のカレーに入れて味を調節しながら食べると良いと思うのですが、古奈屋には激辛カレーないようで・・・残念です(^^;

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児とブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級