横浜元町のこんな場所で幻の「生プリン」が食べられる!

しょうゆ・きゃふぇ 生プリン

今回は、横浜の元町にあるエリスマン邸に行ってみようと思います。

元町公園のすぐそばにあります。

元町公園とはどのような公園かというと・・・

横浜の山手地区にある緑豊かな公園です。春は桜を愛でることができ、夏は水景が涼しげな空間を演出しています。
園内には、ジェラールの水屋敷跡や山手80番館遺跡など、歴史的に貴重なものが数多くあります。
また、横浜山手西洋館の山手234番館、エリスマン邸、ベーリック・ホールがあり、いずれも無料で見学することができます。
さらに、スポーツ施設である市営プールや弓道場も併設され、多くの市民が利用しています。
(元町公園公式HPより)

さて、エリスマン邸に到着しました。

エリスマン邸
エリスマン邸

この建物、日本の近代建築の父といわれたA.レイモンドの建築だそうです。

なかなか興味深く見学させて頂きました。



このエリスマン邸内部に、醤油を使ったグルメが楽しめるカフェがあるそうですが・・・

それは建物に入ったらすぐありました。

その名もしょうゆ・きゃふぇ

【しょうゆ・きゃふぇ】神奈川県横浜市中区元町1丁目77−4

美味しい醤油パンが名物だそうですよ。

このお店、山の手マダムたちの憩いの場。(私の勝手な思い込み)

お昼時だったせいか満席で、10分くらい待たされました。

店内は狭め。

でも、座席配置が面白いんです。

カウンター以外の席は、円卓を真っ二つに切ったような分度器型テーブル。

そして、全ての座席が窓側に向かって座るようになっています。

しょうゆ・きゃふぇ

どの席からでも窓の外が見渡せる粋な計らいですね。




さて、今回頂いたのは醤油パンではなくてコチラ。

しょうゆ・きゃふぇ 生プリン

そう、生プリンです!

中央の黄色くて丸いのは、桃に見えますが実は「生卵」

しょうゆ・きゃふぇ 生プリン

ツヤツヤしていてとても綺麗。

そして、この生卵は4種類から好きなのを選べます。

しょうゆ・きゃふぇ メニュー

プリンに生卵を載せたまま提供。しかも、その卵の種類が選べるなんて、世界中でここだけではないでしょうか。

私は、神奈川のコトブキ農園さんの「恵壽卵(けいじゅらん)」にしてみました。

栄養、味わいともに完璧な玉子だそうです。

この玉子を崩し、よくかき混ぜてから頂きます。

しょうゆ・きゃふぇ 生プリン

オレンジ色のような茶色のような液体は「キャラメルソース」

さらに混ぜ混ぜしますよ。

しょうゆ・きゃふぇ 生プリン

フルーチェではありません、生プリンです。

食べてみると、すごく濃厚な味!

味は、ドロドロにとけたキャラメルそのまんま。

生玉子を食べているのですが、それを感じさせないんですよね。

普通に美味しいです!

雰囲気込みで優雅な一時を過ごせました。




ところで、玉子の黄身にも色々な色がありますよね。

白っぽかったり、オレンジ色に近い濃い色などが。

色の濃い黄身の方が濃厚で栄養が豊富だと思いがちですが、実はそれは誤解なんですって。

鶏に食べさせるエサによって黄身の色が変わるだけで、栄養の有無とは関係ないのだそうです。

しょうゆ・きゃふぇ 生プリン

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ