自分で揚げる!大島温泉ホテルの「椿フォンデュ」

大島温泉ホテルの椿フォンデュ




伊豆大島に行った時には是非とも泊まって頂きたい宿。

それが、大島温泉ホテル

理由は二つあります。

1.露天風呂から眺める景色が絶景であること
2.夕食に「椿フォンデュ」が楽しめること

「椿フォンデュって何?」という方のために説明しますと、串刺しにした肉や野菜を高温の椿油に入れて調理する揚げ物です。

チーズフォンデュやチョコレートフォンデュの椿油版ですね。

イメージとしては、串揚げのようなものですね。

というか、串揚げそのものです。

伊豆大島は「椿」の名産地。

椿油には健康に良いオレイン酸が多く含まれているため、通常の揚げ物と比べて体に優しいです。

食材がカラッと軽く揚がるのも、椿油の特徴なのですよ。

それを、自分たちで揚げて食べられるのです。

そんな「椿フォンデュ」を体験した様子をお伝えします。



大島温泉ホテルの食事は部屋食ではなくて食堂になります。

それでは、「椿フォンデュ」の食べ方の説明をします。

宿泊料込み(2名1室)11,880円プランだと、このような具材になります ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

これは、言わばノーマルバージョン。

追加料金を投入して、さらにグレードアップすることも可能です。

そして、こちらが揚げ物の鍋 ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

お一人様用って感じのかわいい鍋ですね。

この鍋の形、ひょっとしたら椿の形なのでしょうか?

まずはタマネギから揚げてみます。

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

コロモをまんべんなくつけて・・・

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

椿油の中に沈めます。

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

ジュワーっとすること数分。

ハイ、出来上がり!

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

熱々でサクサクしていて実に美味しい。

お次、ニンニクのような形をしていますが、これはエビの身です ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

同じくコロモをつけて・・・

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

出来上がり。

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

揚げたては最高に美味しく感じます。

お次はサツマイモ ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

たっぷり付けて・・・

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

サツマイモは揚げる時間をちょっと長めにするといいみたいです。

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

ナスも揚げてみます。

大島温泉ホテルの椿フォンデュ
大島温泉ホテルの椿フォンデュ
大島温泉ホテルの椿フォンデュ

しいたけ ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ
大島温泉ホテルの椿フォンデュ

ピーマン ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ
大島温泉ホテルの椿フォンデュ

これは・・・サバかな? ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ
大島温泉ホテルの椿フォンデュ

噛むとジュワッ。湯気が立ち上ります。

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

ホタテもありました ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

そして、なんとお皿に乗っていた伊勢海老。

飾りだと思っていたら、ちゃんと食べられるんです!

海老の足はかき揚げに ↓↓

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

頭は真っ二つにして揚げて頂きます!(伊勢海老の調理は食堂の方がやってくれます)

大島温泉ホテルの椿フォンデュ

伊勢海老一匹を余すところなく食べ尽くしました!

豪華な食事で大満足。そして楽しい!

椿フォンデュ、ファミリーはもちろんカップルや友人同士にオススメの食事です。




大島温泉ホテルをオススメするもう一つの理由は、「露天風呂から眺める景色が絶景」でした。

その景色をお見せしたいところですが、私が滞在している間はずっと悪天候で最悪の景色だったので・・・

大島温泉ホテルの公式サイトの写真を。

露天風呂からは三原山が見渡せ、天気が良い日はこのような最高の眺望なのです。

【大島温泉ホテル】東京都大島町泉津字木積場3-5



大島温泉ホテルの椿フォンデュ

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児とブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級