上海の「夜上海」で味わう上海蟹

上海蟹

私の奥さんは、結婚する直前まで上海に住んでいました(日本人です)。

で、私が上海に遊びに行った時に、上海蟹のお店に連れて行ってくれたんです。

初めて口にした上海蟹でした。

その時のことを記事にしてみます。




上海といって思い浮かぶのは上海蟹

しかし、実は「上海蟹」というのは日本流の呼び方で、現地ではそんな呼び方はしないそうですよ。

そのお店の場所は、「新天地」というオシャレスポットにありました。

夜上海
夜上海の夜景

そしてお店に到着です。

「夜上海」というお店のようですね。

夜上海の外観

中に入ってびっくり。

高級店っぽいですが・・・ドレスコードはないのでしょうか??

ラフな格好で来てしまったので心配でしたが・・・・普通に入れました(笑



テーブルの上にはワインボトルが乗っていますね。

夜上海のワインボトル

「お、凄いサービス!」

と思ったら・・・違いました。

お店のオススメ的なワインのようで、当然有料です(笑

たしか、1本が日本円で10,000円のところ、6,000円ほどに安くなっていました。

では、メニューから手ごろなコース料理を注文します。

中国語がわからない私には手頃かどうかわからないので、もちろん全て奥さん任せ。

夜上海お皿画像

まずは前菜が登場しました ↓

夜上海の前菜

そして、蟹の小籠包 ↓

夜上海の蟹の小籠包

こちらは蟹のスープ ↓

夜上海の蟹のスープ

蟹の麻婆豆腐 ↓

夜上海の麻婆豆腐

これは蟹のグラタン? ↓

夜上海のグラタン

このグラタン、中身は蟹の身でギッシリでした!

でも、食べ始めは蟹の身ではなくて豆腐だと思い込んでいました。

色といい食感といい豆腐そっくりだったもので。。

タラバとかズワイのように、いかにも蟹!という感じではないのですね。

もっともっと繊細な味です。




では、これ以外の料理は割愛して・・・

上海蟹です!

上海蟹
上海蟹

手の平に収まるサイズでかわいいですね。

これだけ小さいと身はさぞ少ないだろうと思いがちですが、上海蟹は身よりもミソを楽しむものだそうです。

殻をなるべく上手に外して頂きます。

夜上海で蟹を剥く画像

ミソももちろん美味しいですが、私的に一番美味しかったのは、この赤い〇で囲まれた部分 ↓

夜上海の蟹ミソ

食感が凄く独特なのです。

硬めのゼラチン状というか、ちょっと硬めのご飯粒を潰して糊状にしたような・・・。

まるで、茹で卵の黄身だけを食べているようなねっとりした歯触り。

奥さんは片栗粉を水で溶いた感じと言っていましたが。

イメージできます?

とにかく、この部分が凄く美味しいのです!

上海蟹を食べるのは最初で最後かもしれないので、よく味わって頂きました。

そして、フィンガーボールで手をよく洗ってディナー終了です。

ごちそうさまでした。

落ち着いた雰囲気のお店なので、上海蟹をじっくり味わいたい方にオススメです。

上海蟹

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ