福岡空港には「ラーメン滑走路」があった

福岡空港のラーメン滑走路




福岡空港国内線ターミナル3階にあるグルメ街。

私も福岡に行ったときに、かなりの確率で寄っています。

その中に、ラーメン滑走路というラーメン店の並びがありました。

福岡空港のラーメン滑走路

「ラーメン滑走路?」なんだろうこれ?

「ラーメン滑走路」を調べてみました。

「知る人ぞ知るラーメン店が福岡空港に着陸し、ここで有名になった店舗がまた全国に飛び立って欲しい」というコンセプトでつくられていて、日本全国から選りすぐった、九州ではここでしか食べられないラーメン店9店舗と、九州初登場となるスイーツ1店舗が集結
ラーメン滑走路

なるほど。そういうことですか。

ラーメン店が9つとスイーツ店が1つ。

福岡空港のラーメン滑走路

ブラっと覗いてみましょうか。

良さそうなお店が見つかるかも。



お、なんだこのラーメン屋は。

ずいぶんと特徴的な内装だ。

福岡空港のラーメン滑走路の凪

外から見ると回転寿司のような座席配置と内装。

なになに・・煮干拉麺 凪(なぎ)というお店か。

福岡空港のラーメン滑走路

お!これ美味そう。凪豚。

福岡空港のラーメン滑走路の凪

焼きあごだしとんこつか。トビウオだしですね。

写真を見る限り、私の理想的なとんこつラーメンのようだ。

ここは煮干しラーメンのお店。とんこつ食うならとんこつラーメン店に行くべきかもしれませんが・・・この「凪豚」が食べたい!




お店に入り、まずは券売機で食券を購入か。

券売機には、この「凪豚」のボタンが見当たりません。

「どうしたら良いのかな?」と思ったら、「凪豚」を注文するための説明書きがありました。

煮干しラーメンの券を買って・・・

福岡空港のラーメン滑走路の凪

これを店員さんに渡す時に「凪豚でお願いします」と言えば良いそうです。

内装はシンプル。余計なものを極力省いたのでしょう。

ラーメン滑走路の凪の店内

こちらはメニューです。

福岡空港のラーメン滑走路の凪

全てメニューに「すごい」という文字が付いています。

煮干し酢の中にはアゴと思われる魚が入っていました。

福岡空港のラーメン滑走路の凪

そして、カウンターだけの座席は回転すし屋か牛丼屋といった雰囲気。

席と席の間には何やらモニターがあり、これが隣席との仕切りの役目も担っています。

福岡空港のラーメン滑走路の凪

これは新鮮だ。

そして、一番面白いのはラーメンの登場の仕方。

小さなテーブルに載ったドンブリが自分の座席の前まで流れてくるのです。

そう、まるで回転すし。

ドンブリを受け取り、モニター上のボタンを押すと、テーブルが厨房のほうに戻っていきます。

では、凪豚をいただきましょう。

福岡空港のラーメン滑走路の凪

うん。うまいですね。

これは好きなタイプの豚骨だ。

「ラーメン滑走路」、他のお店も色々と気になるからまた来よう。

でも、またこの凪豚を食べてしまう気がする。






福岡空港のラーメン滑走路

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ