甘さの中にピリリとくる「とうがらし梅酒」

とうがらし梅酒




ここは300円居酒屋。

酒もつまみもオール300円。

チェーン店のような有名店ではなく、カウンターに6人も座れば満席になってしまうような小さな小さなお店。

酒種もつまみも種類が豊富。

ビールにハイボールその他酎ハイ類、ワインに日本酒に焼酎に梅酒。

つまみは、刺身に揚げ物、煮物に焼き物に乾き物。

300円だけあって一品一品の量は少ない。

でも、レンジでチンしているだけのチェーン店とは違い、一品一品しっかりと作られているつまみ類。

中には、「へぇー、こんなのが300円で食べられるの!?」というメニューもある。



まずはとりあえずビール。

徐々にお店の雰囲気に馴染み、落ち着いてきた。

店内のメニューを見回す。

梅酒もあるのか。

久々に飲もうかな。今日はロックが美味そうだ。

とうがらし梅酒

んん?

とうがらし梅酒?

珍しいメニュー。

梅酒に唐辛子とは・・・

甘いのか辛いのか?

「すいません、とうがらし梅酒って何ですか?」

「これなんですよ」

とうがらし梅酒

このお店オリジナルメニューではなく、本家松浦酒造さんの「とうがらし梅酒」という商品名のお酒でした。

面白いことに、瓶にとうがらしが1本入っている。

「では、それをロックでお願いします」

とうがらし梅酒

「あ、とうがらしが入っちゃった。お客さん当たりですよ!」

なるほど、私のグラスにとうがらしが入っちゃったようです。

とうがらし梅酒

とうがらしが入っても、もちろん300円。

とうがらし梅酒

口当たりは甘い梅酒。

そして、すぐにピリピリとした辛味が追いかけてくる。

甘ったるい梅酒のイメージを完全に覆す新しい味だ!

これ、病みつきになりそう。




とうらがし梅酒にはきっと揚げ物が合う。

サバの竜田揚げを注文してみました。


これで300円とはやはり安いんじゃないでしょうか。

きちんと揚げたてを提供してくれるのが嬉しい。

そして、やはりとうがらし梅酒と合う。

美味い美味い。

甘党も辛党も、是非一度お試しあれ。

とうがらし梅酒。



とうがらし梅酒

2 件のコメント

  • マッコリ へ返信する コメントをキャンセル

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住で二児の父。 サラリーマンをしながら不動産収入を得ています。 元祖温泉ソムリエ大家を名乗っていますが、かなりユルい大家です。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、ファイナンシャルプランナー、温泉ソムリエ(笑