かなり美味い「ウーロン茶の小籠包」!台北の京鼎小館にて

京鼎小館のウーロン茶小籠包

今回は、台北の小籠包

今までに台北の小籠包はいくつか頂きましたが、これは珍グルメでもあり絶品級でもある小籠包です。

日本人の私が食べても、とても美味しいと感じた台北の小籠包をご紹介します。

どうぞお付き合い下さいませ。




羽田空港から国際線に乗り、「台北松山空港」に到着しました。

さっそく空港で3万円分の両替をします。

台湾松山空港で両替

しかし・・・なぜか韓国のコインが一個混ざっていました。

10ウォンです。謎ですね、ここ台湾なのに・・・。

損をしたのか得をしたのかは不明ですが、気が付いたのは両替後しばらく経ってからだったので、どうすることもできず。

さて、今回は「台北松山空港」を利用しましたが、台北にはもう一つ「桃園空港」というのがあります。

「松山空港」は関東で例えると羽田空港みたいな感じですね。

ちょっと運賃が高いけど、市街地から近いので何かと便利。

それに対して「桃園空港」は成田空港みたいな感じです。

運賃は安めだけど、市街地までの距離があって移動に時間がかかります。



では、まずは空港からタクシーでホテルに向かいます。

利用するのは二度目のロイヤルシーズンズ台北(皇家季節酒店)。

ロイヤルシーズンズ台北
ロイヤルシーズンズ台北フロント

値段の割にリッチなお部屋で風呂場にはジャグジー付きなのでお気に入りです。

もちろん日本語OKだしWifiも完備されています。

ところで、中華系のホテルは「○○酒店」とか「○○飯店」と名が付くのが多いのはなぜでしょうか?

さて、まだチェックインの時間ではないので、荷物だけ預けてからグルメ巡りに出発します。

またまたタクシーで向かった先は、「京鼎小館」さん。

台北の京鼎小館

ここは実に台北で1.2を争う小籠包の名店だそうです!

小籠包の激戦区でトップを張るとは、一体どんなに美味しいのでしょうか。

では、お店に入ってみます。

京鼎小館

ジャスミン茶とお馴染のショウガです。

京鼎小館

やはり紙に記入して注文するスタイルですね。

京鼎小館

まずは、当然ながらノーマルな小籠包を注文。これ鉄則。

京鼎小館

摘んで持ち上げてみました。

京鼎小館の小籠包

プルンプルンしていますね。

スープが多めとは聞いていましたが、どうやらその通りのようす。

皮は薄めですが、全然破れそうにありません。

そのままでも黒酢ショウガを乗せても美味しいです(^^

京鼎小館の小籠包

さてお次はコチラ ↓

京鼎小館

ウーロン茶の小籠包です!! ↓

京鼎小館のウーロン茶の小籠包
京鼎小館

緑色ですね。

では、まずはそのまま頂きます。

京鼎小館

スープを口にした瞬間は若干苦味を感じますが・・・それが逆に肉の旨味を引き立てています!

ネタのつもりで食べたのですが・・・かなり美味でびっくり。

これが台北トップレベルの味なのですね!




ショウガを乗せてももちろん美味しいです。

京鼎小館

小籠包は確か上海発祥ですが、もはや私的には台湾が本場!という印象ですね。



何気なく触った爪楊枝。

京鼎小館のつまようじ

袋の中身が妙な弾力だったので、封を破ってみると・・・

京鼎小館のつまようじ

プラスチック製で、反対側は歯間ブラシになっていました!

【京鼎小館】台北市敦化北路155巷13号

京鼎小館のウーロン茶小籠包

4 件のコメント

    • 坂田さま

      そういえばそうですね・・・茶色ではなくて深緑色でした。
      美味しいだけじゃなくて安いんですよねー!
      是非一度経験してみてください(^^

  • メニューが日本語で下に表記してあるんですね。
    なんとも親切ですねw
    ウーロンの小籠包食べてみたいっすw
    肉汁ジュワッを味わってみたい(笑)

    • 魔王さま

      はい、日本人観光客が多いのでしょうね(笑
      台湾の小籠包は何を食べても美味しいですね!
      このウーロン茶のもやはり普通に美味しかったです(^^

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ