伊豆大島の「大島牛乳」はひと味違う?

伊豆大島に行ったら是非とも飲みたかった大島牛乳

その名が示すように、大島産の牛乳です。

実はこの「大島牛乳」、一度市場から消えたのですが、地元の熱烈ファンの支持で復活しました。

そこには涙なくしては語れないストーリーがあるのです。




かつて、伊豆大島は「ホルスタイン島」と呼ばれるほど酪農が盛んでした。

それは、伊豆大島の気候が牛の飼育に適している上に、明日葉などの青草が一年中繁茂していたからと言われています。

そんな牛から絞った牛乳を使い、「大島牛乳」「大島バター」が誕生。

島の特産品として長く愛されていました。

ところが、2000年代になると大手メーカーとの価格競争により、牛乳やバターの生産会社が工場を閉鎖。

そして、大島牛乳や大島バターは店頭から姿を消してしまったのでした。

しかし、2008年に有志が集まって再び「大島牛乳」、「大島バター」復活を目指して立ち上がり、再び店頭に並ぶまでになりました。
(伊豆大島ナビ:大島牛乳ものがたりより)

・・・ということで

これが、その噂の大島牛乳です。


もちろん、島内限定販売。

お店で見つけて迷わず購入。

パッケージの椿と三原山のデザインで、一目で「大島!」ってわかりますね。

そして、宿泊先のホテルで飲んでみました。

うん、甘い!美味しい!

なんだか普段飲んでいる牛乳より美味しく感じます。

たぶん気のせいでしょうけどね(笑

そして、レンタカー内で飲むつもりで買ったけど、ドリンクホルダーがなくて飲めずにずっと持っていた缶コーヒーでカフェオレを作ってみました(笑

大島牛乳の歴史を思いながら飲むと、より美味しく感じます。




ところで、スーパーなどの牛乳売り場には色々なパッケージの牛乳がありますが、安いという理由だけで選んでしまうと、それは牛乳ではないかもしれませんよ。

パッケージの「種類別名称」という欄を見て下さい。

「乳飲料」とか「加工乳」とか「低脂肪乳」と記載されていませんか?

それらは純粋な牛乳ではありません。

牛乳の場合には、きちんと「牛乳」と表示されているのです。

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ