群馬県沼田市にある超レトロなうどん屋

以前から、とても気になるうどん屋さんがありました。

しかし、ネットを検索しても情報が少なくてほとんど謎のお店です。

場所が群馬県の沼田市なので、横浜の私は気軽に行くことができなかったのですが・・・

今回、やっと行く事ができました!

【岡林うどん店】群馬県沼田市桜町1966-10

付近に車を停め、googleマップを頼りにお店を探します。

すると、住宅街にひっそりと佇んでいる建物を発見。

まず、その外観に衝撃を受けました。

ん?ここ・・・かな・・・?

あ、うどんって書いてある・・・けど・・・

もう廃業してる??

しかし、入口には真新しそうな暖簾が掲げてあります。

どうやら営業中のよう。



中に入ってみると、テーブル席が4つと奥に座敷もあります。

先客は2名。どちらも常連客のようす。

メニューは、天ぷら・かけ・ねぎなん・きつねの4種類のみ。

ある種のこだわりを感じさせるメニュー数。

「ねぎなん」ってなんでしょう?

よくわかりませんが、これに決めました。

注文はこちらの小窓から。

うどんを受け取って代金を支払うセルフ式。

お茶も自分でポットから注ぎます。

そして、これが「ねぎなんうどん」

うどんの量、これでも普通盛りです。

かなり多いですよね。

300gくらいはあるでしょうか。

これで400円は安い!!

うどんは太めで形にバラつきあり。

手打ちだけあってコシがあります。

つけ汁の具は、ねぎが主役と思いきや・・・

写真でわかるでしょうか?ねぎはほんのわずかだけ。

それ以外は、刻み油揚げと白菜が入っています。

のちほど「ねぎなん」を調べてみたところ、ねぎと油揚げのことを指すようです。

ねぎ切れで急きょ白菜を代役にしたのでしょうか。

そして、気になるお味は・・・



そんなにお腹が空いていない状態で行ったので、完食するのに精いっぱいで実はよく覚えていません(笑

つけ汁のダシ感がなかった気がしましたが、腹ペコの時に行くとまた違う味なのかもしれませんね。

このうどんを愛する常連さんのために、ひっそりと細々と営業を続けている・・・そんな印象を受けたお店でした。

営業時間が11時~15時と短めなので、行かれる方はご注意を。

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ