由布院温泉「はなの舞」の料理は噂通りのハイクオリテイだった!

今回は「はなの舞」さん。

といっても、チェーンの居酒屋さんではありません。

大分県の由布院温泉にある宿の名前です。

【はなの舞】大分県由布市湯布院町川上2755-2

この「はなの舞」さんの食事は、由布院温泉の宿の中でも特に評価が高いんですよ。



木々に囲まれた宿看板

入口とエントランス


旅館の周りや中庭には、この珍しいトンボがたくさんいました。

仲居さんにこのトンボの名前を聞いたら、「このへんの人は糸トンボと呼んでいます」ですって。

しかし、私が知っている糸トンボとは違うので、後日調べたら・・・

これは「羽黒(ハグロ)トンボ」という名前のようです。

蝶のようにヒラヒラと舞う姿はとても綺麗でしたよ。

さて、部屋の中です。

かなり私好みの雰囲気でした。

今回は温泉付きの部屋に泊まりました。

もちろん、源泉掛け流しで24時間入り放題!

温泉好きにはたまりません。

風呂に浸かりながら羽黒トンボを眺められます。

部屋に到着して一息ついたところで軽く一杯。

このカラフルラベルのお酒、一見焼酎のようですが、実は「バサラ」という純米大吟醸酒。

私のお気に入りの日本酒で、いつも博多駅で購入しています。



さて、では夕食の紹介をします。

まずは食前酒から

梅酒のようですね。氷が浮いています。

さあ料理。一気にいきます!










デザートの前にご飯が出てきましたが、それは撮影し忘れ(笑

朝食も凄く美味しかったので、ご紹介します。

朝日降り注ぐ窓辺で頂きました。

お世辞ではなく、ほーんとに美味しかったです!!

デザートは黒蜜きなこのプリン。

このデザートだけでも絶品級。

噂通りの食事で大満足でした。

ちなみに、温泉は単純泉。

無色透明で無味無臭なので、これといった特徴は感じませんでしたが、とても落ち着く雰囲気が気に入りました。

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ