家は法人に借りてもらいましょう

 
以前の記事で、「法人でモノを買えば、節税&家計にお金が残る」と述べました。

具体的には、法人に車やスマホやパソコンなどを買ってもらうことで、法人側では節税になり個人としては家計にお金が残りますよ。という事ですね。

しかし、もっと大きな節税法があるんです。

それは・・・




 
 

法人で家を借りて、そこを社宅として住む!

 
どういう事かというと、法人名義で一戸建てなりマンションなりを借ります。

そして、その部屋を社宅として法人の従業員(社長でも可)が住みます。

法人は家賃を大家さんに払います。

そして、住んでいる従業員はその雇われている法人に家賃を払うわけですが、この金額は最大で家賃の半額で良いのです。

例えば、法人が10万円の部屋を借りたとすると、そこに住む従業員は5万円を法人に払えば良いわけです。

法人は10万円×12か月=年間120万円の支出。

そして、従業員から受け取る家賃が5万円×12か月=年間60万円の収入となり、結果として年間60万円の経費となります。

一方、そこに住む従業員は10万円の部屋を5万円で借りることになり、家計負担が減ってラッキーというわけです。

家賃の半額を負担すれば良いと述べましたが、これはその法人の役員の場合です。

単なる従業員の場合だともっと低い金額でも可能で、10万円の部屋でも1万円台の負担とかになる可能性もあるのです。(きちんとした計算式に則って金額を算出する必要あり)

ちょっと驚きではないですか?



現在私が住んでいるマンションも奥さんが代表をしている法人名義で借りていて、月々の家賃負担は法人30%で我が家は70%としています。

奥さんの法人負担を30%としているのは、まだ法人に体力がないからです。いずれは50%負担にしたいと思っています。

おかげで家計の家賃負担が減り、大助かりとなっています。

どうですか?すぐに法人を作りたくなりました?

「でも、法人を作ってもその家賃分の収入(売上)を毎月確実に上げないといけないし、そこまで事業を軌道に乗せられるかどうか・・・」と思うかもしれませんよね。

その為にも、是非ともやっておきたいのが「不動産賃貸」

「不動産を取得し、人に貸して賃料収入を得る」のです。

これなら、修繕や滞納が発生しない限りは毎月一定額の収入があります。

不動産賃貸というのは毎月決まった家賃以上に儲ける事はできず、例えば小売業や飲食店のように「売り上げが急に増える」なんて事はありません。

しかし、「毎月安定した収入が得られる」というメリットがあるのです。

複数の物件を持つことで、空室になった時のリスクも分散できるようになっていきますよ。

またそのうちに、法人設立のその他のメリットについてお伝えします。

無料の不動産投資相談サービスなら【トウシェル】(資料請求)


コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ