浜松餃子の「浜太郎」




餃子の街「浜松」。

いつも餃子消費量日本一を「宇都宮」と争っていますね。

どちらが日本一になったとか陥落したとか返り咲いたとか。

他県の人間はあまり関心がないと思いますが、地元にとってはとても重大事のようです。

その「浜松餃子」とはどれだけ美味しいのでしょうか。



さて、その「浜松餃子」ですが、円形に並んだ餃子と茹でもやしのセットが一般的ですね。

聞くところによると、まず円形焼きが先に確立され、その真ん中の穴が気になって仕方ないから何か入れようという事になったらしいです(笑

で、もやしで落ち着いたのでしょうが、これ非常にいいですね。

このもやしがさっぱりしているから、脂っぽい餃子がより美味しく食べられます。

こちらの浜太郎さんでは「赤餃子」「白餃子」というのがあるそうです。

両方注文してみました。

赤餃子は豚肉をたっぷり使用し、ちょっと辛い餃子

白餃子はニンニク不使用でコラーゲンたっぷり入ったヘルシーな餃子

味ははっきりと違いますが、どちらも美味でした。

他にも、シソ餃子やら桜エビ餃子やらキムチ餃子やら気になる餃子がいくつも。

どれもこれも食べてみたいです。

浜松は餃子の街といわれていますが、店で食べるよりも自宅に持ち帰って焼いて食べるという文化のほうが強いそうです。

実際に餃子を食べている時にテイクアウトのお客さんが何組も来店していましたが、店内で食べているのは私たちのみでした。

【浜太郎】静岡県浜松市東区半田山5-2-1




コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ