九州初の生パスタ専門店「英」は外観がレトロ喫茶だった

生パスタ英




今回は、九州初の生パスタ専門店に行ってきます。

福岡市早良区にある「英(はな)」というお店。

英さんは、創業40年の老舗だそうですよ。

老舗の生パスタとは一体どんな味なのでしょうか。



「生パスタって何?」と聞いたら、「熱を加えずに作るパスタ」だそうで、乾麺の状態から作られたものは生パスタとは言わないそうです。

なるほど、生そば等と同じ概念なのですね。

さあ到着しました。

【パスタフレスカ英】福岡県福岡市早良区原1-15

ちなみに、上記写真の手前(撮影者側)には駐車スペースが横並びで6台分くらいありますが、できるだけ真ん中の方に停めるのは避けた方が良いです。

なぜかというと、上の写真に一台分駐車スペース(白線部分)がありますよね?

ここに車を停められてしまうと、真ん中の方に停めた車が非常に出にくいのです。

それはさておき、何だか昔懐かしい純喫茶っぽい外観。

インベーダーゲームとか置いてそうな雰囲気です。

いずれにしても、昭和のにおいがプンプンする外観です。

開店時間より早く着いたのに、すでに待っているお客さんが何組かいました。

とても人気のあるお店のようですね。

店内の様子。

テーブル同士の間隔がかなり狭い気がしました。何だか落ち着かないような。

でも、2階席はもっとゆったりしているようです。

飲食店らしからぬ天井。学校の体育館を思い出させます。

メニュー


おしぼりがこんな状態で置いてあるのは珍しいですね。

テーブルの花は本物でした。

インテリアに店主のこだわりが現れています。

センスが良いのではないでしょうか。



注文したのは、ゴルゴンゾーラのリガトーニ。

ゴルゴンゾーラのクセはあまり感じませんでした。

私はチーズはあまり得意ではないのですが、これは食べやすかったですね。すんなり受け入れられましたよ。

そして、アスパラとベーコンのパスタ。

これはレギュラーメニューではなくて季節限定のパスタです。

「英」さんでは創作パスタを色々やられているようですね。

ワインソースというのは初ですが・・・

お!いいですねコレ。

アスパラとベーコンの組み合わせもグッド。

パスタって美味しいんだなぁ。生パスタだからかな?

食後はデザートとコーヒーを。



生パスタは乾麺にはない風味と食感があるといいます。

とても美味しく感じました。

ごちそうさまでした。





生パスタ英

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ