鴻巣市名物の「川幅うどん」は食べにくい!でも美味しいよ




今回は埼玉県鴻巣市のB級グルメをご紹介します。

その名も、川幅うどん

うどん好きなら一度は食べておきたい「うどん」です。



鴻巣市は川(荒川)の幅が日本一。

あまり知られていないかもしれませんね。私も今回初めて知りました。

鴻巣市のホームページによると・・・

鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の川幅は2,537メートルあり、日本一です。
普段の川幅は数十メートル程度ですが、国土交通省は河川敷を含めた堤防間を「川幅」と定めています。

だそうです。

で、それにちなんだうどんが川幅うどん

とにかく、うどんの幅の凄いこと。

きしめんの比ではありませんね。

これを普通のうどんのようにズルズルとすすったら、周囲が汁まみれになりそう(笑

うどんの歯応えは、もっちりとしていてコシがあります。

このうどんは箸ですくい難く食べ難いのが難点ですが・・・それなのに、頑なに幅広うどんに拘っているあたり、何か応援したくなりますね。

かつおダシベースのつゆはちょっと濃い目の味です。

具は、かつお節・大根おろし・温泉玉子・三つ葉、それとお好みで天カスと刻みネギ。

大根おろしたっぷりなのは私的には嬉しいです。

この店の川幅うどんラインナップは3品ほどで、他は普通のうどん屋さんと同じく美味しそうなそばうどんばかりです。

店内にうどんを打つ様子をガラス越しに見えるようになっていますよ。(この時は見られませんでしたが)

店内は全て綺麗で清潔感があります。トイレも本当に綺麗にしてあり、かなり好印象。

優しい感じの接客もいいですね。

【長木屋】埼玉県鴻巣市本町5-5-2




コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ