佐野ラーメンの青ねぎと冷たいやつ

 
青ねぎラーメンの元祖というお店に行ってきました。

ここは栃木県の佐野市。

そうです、佐野ラーメンの青ねぎラーメンです。



佐野ラーメンの特徴は、青竹で打つもっちりとした麺と醤油ベースの澄んだあっさりスープですね。

それに加え、私が好きなネギが加わるとどんな味になるのでしょうか?

今回目的のお店は「太七」さん。

【太七】栃木県佐野市堀米町42-3

お店に到着すると、夜になると光ると思われる「さのまる」がお出迎え。

さのまるの脇差しは「いもフライ」のはずですが・・・

これはどうみてもニンジンまたは唐辛子(笑)

さて、青ねぎラーメンの登場です。

・・・ねぎ以外の具は全く見えず。

ドンブリの下にお盆があるのは青ねぎ落下策でしょうか。

どっさり盛られた青ねぎは、くさみが全くなくシャキシャキしていて良いですね。

レンゲは2本あり、一つは穴がたくさん空いた青ねぎ用レンゲ。

スープに沈んだ青ねぎもこのレンゲですくえるというわけです。

麺はもちろん手打ちで、ちょっと幅広です。

食感はもっちりツルツル。

チャーシュー2枚、メンマ、なると等、青ねぎ以外にもたくさんの具が入っているので、青ねぎに飽きずに美味しく食べられます。

スープの味は想像していた方向性でしたが、予想以上の美味しさでした。

私の友人は「冷やしラーメン」を注文していました。

パッと見は普通のラーメンですが、スープ手前側と奥側に氷が浮いているのがお分かりでしょうか。

スープは完全に冷たいのですが、それにしては脂が固まっていないのが不思議ですね。

ちょっと食べさせてもらいましたが、さっぱりしていて美味しかったです。

冷たいながらも佐野ラーメンの風味は損なわないあたり、きっと相当に研究したのでは?と思ってしまいます。



佐野駅付近はやはりラーメン店が多く、いたる場所でラーメンの看板を目にします。

中には、「くるま○ラーメン」や「幸○苑」などのチェーン店も見かけました。

これらのお店でも佐野ラーメンを取り扱っているのかと思ったら・・・そうではなくて他地域店と同じメニューだそうです。

佐野ラーメンの激戦区で別味で勝負をする。これも一種の経営戦略なのでしょうね。

これらも安くて美味しい実力ラーメン店ですから、佐野ラーメンを食べ飽きた地元住民に支持されているのかもしれません。

2 件のコメント

  • 佐野ラーメンってもしかしたら1度も食べた事が無いかも知れません(汗)
    よくテレビに出ていた店主の印象があまりよく無かったっていうのも有りますが(苦笑)

    ネギは大好きなんでこれは是非食べてみたいっすね(笑)
    他の店でこれに近いラーメンを食べた事があります。スープのベースはとんこつなんですが
    佐野ラーメンは醤油ベースですよね。
    なので全く味の印象は違うかと思うのですが
    ネギの辛さが引き立ち美味しかったですw

    冷たいラーメンは…どうなんでしょうかね(苦笑)
    食わず嫌いみたいな感覚ですいません。
    でもサッパリという観点からすると焼肉屋さんとかで食べるアレと同じ感じなんでしょうかね(笑)

    • 佐野ラーメンはあっさり醤油味で万人受けしそうな味ですね。
      このラーメンはネギ凄いですよね。佐野ラーメンというよりは、このネギラーメンを食べに行ったようなものです(笑)
      冷やしラーメンも旨かったですよ。
      本当に温かいのがこのまま冷たくなったような味で、しかし普通にスープも麺も具も美味しかったです😊
      冷麺とはまたちょっと違いましたね。

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ