二子玉川には珍しい「鮎ラーメン」がある

 
今回は、夏らしく「和」を感じさせる涼しげなつけめんを食べに行ってみました。

お店は世田谷区の玉川にある「鮎ラーメン」さん。

【鮎ラーメン】世田谷区玉川3-15-12玉川3丁目マンション102

そばには多摩川が流れ、二子玉川駅からも近いです。

さあ、ここです。

外観からも鮎LOVE感が伝わってきますね。



お店に入ると、サザンの曲で私が一番好きな「涙の海で抱かれたい」が流れていました。

やっぱいいですねこの曲。

それが終わるとハラボーの曲。

で、次もサザンの曲・・・

どうやらアルバムの「キラーストリート」を流しているようです。

店主がサザン好きなのでしょうね。

それとも、夏だからとりあえずサザンを流しているのでしょうか。

今回のお目当ては、鮎ラーメンは鮎ラーメンですが、今しか食べられない!夏限定の鮎涼ラーメンです。

どうです、この鮎の存在感。

それもそのはず、このつけめん価格の6割は鮎の価格なのです。

つけめんに魚、しかも丸ごと1匹入っているのは非常に珍しいと思います。

カリッと香ばしく焼きあがった鮎の一夜干し。食べるまでもなく美味しいでしょう!

骨と内臓は抜いてあるので、頭から尻尾までバリバリ食べられますよ。

味と食感が単調になりがちなつけ麺ですが、これなら楽しみながら完食できそうですね。

竹の器に入ったつけだれは、なんと鮎の煮こごり。

写真では隠れてしまっていますが、どんぶりの奥には鮎フレークがかかった小ライスもあります。

土瓶には冷たい鮎の出汁が入っています。

これをつけだれに混ぜても良し、鮎フレークご飯に注いで冷たいお茶漬けにしても美味しいですよ。

この鮎涼ラーメンは夏のお昼限定メニューです。

興味のある方は、夏が終わってしまう前に食べに行って下さい。

サザンを聴きながらの鮎つけめんは美味しいですよ。(いつもサザンの曲かどうかは知りません)


コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ