日本一のもつ煮は「永井食堂」って本当なのか?

 
群馬県の「永井食堂」に行ってきました。

ここのもつ煮は「日本一のもつ煮」として有名です。

果たして本当に日本一なのでしょうか。



実は以前に一度、スノボで群馬に行った帰りにここに連れて行ってもらった事があるんです。

その時はまだ今ほど有名なお店ではなかったように思いますね。

私はもつ煮が大好きですが、その時に初めてこのお店の存在を知りました。

で、肝心のもつ煮の味ですが・・・

日帰りでのスノボ帰りだったので、疲労と眠気で意識が朦朧としていてよく覚えていません(笑

今回はその時より元気ですから、しっかりと味わって頂きたいと思います!
 
この永井食堂さんの住所は、群馬県渋川市上白井4477-1。

お店の場所は関越道の赤城インターから5分ほどでしょうか。インターを降り、県道70号から国道17号(三国街道)に入って道路沿いです。
 
さあ到着しました。

平日の15時頃に訪れましたが、さすが人気店だけあってけっこうお客さんがいました。

今回は、もつ煮定食の半ライスにしました。

半ライスといっても、量は多めですね。一般的な普通サイズくらい。

もつは豚を使用。

それ以外の具はコンニャクのみだと思います。シンプルですね。

余計な具を入れず、もつだけで直球勝負の潔さを感じました。
 
ネギが小皿で出されますが、私的にはもっとネギどっさりだと嬉しかったです。

もつはとても柔らかいですね。

少々ピリ辛なのも私好みです。

私は辛いのが好きなので、さらに唐辛子も多めに入れます。

さっぱり系というよりはちょいドロ系で、味付けは濃い目ですね。人によってはしょっぱいと感じるかもしれません。

うん。早い・安い・なかなか美味いの三拍子をあげましょう。
 

ここではお土産用のもつ煮、「もつっ子」というのも人気あります。

これはもつ煮の袋詰めで、温めるだけで食べられるようです。

こちらは1kg(約3人前)で確か千円ちょっと。

実際に、私が食べている間にお土産だけを購入しに来る人が何人もいました。

まさに飛ぶように売れるという感じでしたね。

店員さんの接客も元気があるので、店内はちょっとした活気があるのも好印象でした。
 
店内に掲げてあるメニューを眺めていて気になったのですが・・・

もつ煮単品が340円。

それに比べてラーメンが320円と異常に安いのです。

いったいどんなラーメンなんでしょうね??

次回はもつ煮ではなくてラーメンを食べてみたいです。
 
営業時間は、平日は9:00~18:00。土曜日は9:00~15:00。
お休みは、日曜祝日、年末年始、GW、お盆だそうです。



コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ