法人でモノを買って経費にするということ

 
まず、サラリーマンは給料やボーナスをもらう時に既に税金が引かれています。

で、残った手取りの中から家賃を払ったり生活費のやりくりをします。

しかし、法人の場合は税金を払うタイミングがちょっと違うんです。

収入(売上)から家賃や通信費・光熱費などの経費を引いて、その残り(利益)に税金がかけられるのです。

なので、法人の経費の額が大きくなればなるほど、それだけ税金も少なくなるという事になります。
(その分、利益も減るわけですが、それは一旦おいておきます)

税金を払ってからモノを買うのが個人(サラリーマン)、モノを買った後に税金を払うのが法人ということです。

この違いはかなり大きいんですよ。

例えば、個人と法人でそれぞれ100円のノートを買うとします。



【個人の場合】

仮に税金と社会保険料で20%引かれるとすると、サラリーマンが100円のノートを買う為には給料が125円必要になります。
※実際にはこの程度の額だと所得税はかかりませんが、話をわかりやすくするためとご理解下さい。

給料125円 - 税金・社会保険料25円(125円×20%) = 手取り100円

これでやっとノートが買えます。そして、買ったら残金は0円になります。
 
【法人の場合】

売上125円 - 100円のノート購入 = 25円

25円 - 税金・社会保険料5円(25円×20%) = 残金20円
 
いかがですか?

同じ100円のノートを購入したとしても、個人は税金・社会保険料が25円引かれ、そして残金は0円です。

それに対して法人は、税金・社会保険料がたったの5円。そして買った後は20円も手元に残ります。

個人と法人とではこんなにも違うのです。

※ただし、サラリーマンの場合は「給与所得控除」というみなし経費がありますが、ここでは省略します。

そして、法人税の税率はこれからも下がっていき、個人の所得税率は上がって行く事が予想されます。

今後、ますます「個人は増税、法人は減税」の動きになっていくのです。
 
私の奥さんが法人名義で車を買いましたが、その理由もここにあります。

「経費になるから」ですね。

注意:車の場合は購入代金を一括で経費にできるわけではなく、4年かけて(軽自動なので)徐々に費用計上する「減価償却」をする事になりますが、詳細はここでは省略します。

冒頭で述べたように、個人で車を買う場合は、税金を引かれた後の「可処分所得」から買う事になります。

しかし、法人に車を買ってもらうと、経費となるので節税になります。

そして、その分のお金が家計に残るわけです。

「法人名義の車を個人でレジャーに使っても問題ないの??」という疑問ですが・・・

問題ありません!
(ただし、個人でしか乗らないのであれば、法人で買っても税務署に否認される可能性は高いです。)

同じように、法人でパソコンやスマホ代を負担すれば、どんどんと家計にお金が貯まっていくことになります。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残しましょう