貯金100万円から月収50万円生活

 
最近読んだ本をご紹介します。

タイトルを見て、「何だか怪しいな・・・」と思いました?
実はコレ、不動産投資の本なのです。
実際に読んでみると、ごく真っ当な事が書いてあるのがお分かりになると思います。

不動産投資は特別な人がやるものではなく、誰でもできる資産形成法。
不動産というのは目に見える実物資産であり、急に価値がなくなってしまう事はありません。
そういう意味では株やFXよりは全然安全なのです。
 
【プロローグより】
お金を稼ぐ方法はさまざまですが、大きく分ければ2つしかありません。
1つは、自分で稼ぐ方法(給与所得、退職所得など)です。
もう1つは、資産の力で稼ぐ方法(利子・配当・不動産所得など)です。



【第1章より】
内閣府の「国民生活に関する世論調査」では、およそ7割の方が日常に不安を持っています。
その不安内訳の上位5位まで見ていくと・・・

1位 老後の生活設計
2位 自分の健康
3位 家族の健康
4位 今後の収入や資産の見通し
5位 現在の収入や資産

健康問題以外は、すべて「お金」が不安の原因です。
なぜこれだけお金の不安があるのか。その理由は2つです。

1.国が私たちを守れなくなったから
2.会社が私たちを守れなくなったから

いい学校を出て、いい会社に入ることが人生の成功法則というのは、昭和の昔話です。
この「昭和の成功法則」の前提にあった「年功序列」「終身雇用」という、個性的な日本の働く仕組みは、いまや失われる一方です。

「いい会社に勤めていれば安泰」なんて、もはや思い出話です。まず、終身雇用制度は意識的に壊されています。

 

あなたの貯金は実質減っていきます

 
残念ながら国や会社は、私たちを守れない時代です。では、私たちはどうやって不安を解消すればよいのでしょうか。

「貯蓄」に将来不安を任せるという選択は、真面目さゆえの誤りです。

私は、子供の頃から「無駄使いしないで将来のために貯金しなさい」といつも言われて育ちました。

私の父は正しかったのです。昭和の時代なら

高度成長期からバブル期まで、6~8%もの利息が複利で付く元本保証の金融商品が、近所の郵便局にゴロゴロしていました。

老後へと貯めていた500万円が、10年前後で1,000万円になったのが昭和という時代です。

現在、このような昭和の教えに真面目に従ってせっせと貯金に励んでも、私たちの貯金は減る一方です。

増えないのではありません。減るのです。

 

いくら貯めたらお金の不安は消えるのか?

 
よく聞く老後資金に必要な額は3,000万円という数字だと思います。

しかし、定年前に3,000万円を貯められる人はどれだけいるでしょうか?

実際、金融広報中央委員会の調べでは、預貯金や証券などの金融資産で3,000万円以上持っている「老後の準備クリア50代」は、全体のわずか10.5%です。

つまり、50代の90%は準備不足を退職金で補えるように期待して定年を迎えているのが現実です。

さらに、60代で3,000万円以上の金融資産を持っているのが15.9%に過ぎません。

結論から言うと、日本人の老後はほとんどが準備不足なのです。

私たちが40年間、就職したときから退職の為にお金を貯め、上位1割の「老後3,000万円」を達成したとしても、それで得られるものは「蓄えを切り崩して月収25万円を維持する老後」です。これが「理想の老後」なのでしょうか。

冷たい事実ですが、もしあなたが35歳で25年後までに3,000万円貯蓄を成功させたとしても、インフレが2%続いていれば、その3,000万円は現在の1,800万円の価値しかありません。

では、もっと貯金しておかなくてはいけないのでしょうか。これでは「インフレVS貯蓄」のラットレースです。

つまり、貯蓄に励み3,000万円築いても、それを切り崩す生活ではあなたと大切な人の老後は守れないということです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

 

お金を稼ぐ方法は2つしかない

 
自分が稼げないなら、資産に稼いでもらえば良いのです。

国も、会社も、貯金も守れないなら資産に守ってもらえば良いのです。

お金を働いて稼ぐ時代ではなく、お金に働いてもらう時代なのです。



不動産での資産作りがカンタンな理由

 
株式投資、FX、ファンドなど、優れた投資がたくさんあります。しかし、私は人生も守る資産作りとしては不動産を勧めます。

それは、他の投資と比べて必要ないものが3つあるからです。

1.能力が少なくていい
2.手間が少なくていい
3.胆力が少なくていい

毎日忙しく、また投資に慣れていない方でも安定して投資ができ、さらに特別な能力も必要ないという3点で、本書では不動産資産作りを勧めます。

不動産投資のもっとも大きなリスクである「借金リスク」を避け、限られた自己資金だけで不動産投資をすることをお話していきたいと思います。

 

まずは、100万円台で不動産を手に入れる

 
「いい学校を出て、いい会社に入れば幸せ」の昭和の成功モデルは、もはや間違えた善意でしかありません。

この成功モデルを支えていた「手厚い年金」も、「誰もが昇進し定年まで勤められた会社」も、今はありません。

元本保証で放っておけば10年で倍になる貯金も今はなく、放っておけば貯金は逆に2割減る時代です。

この厳しい時代に、昭和の経験から導かれる「なるべく安定した会社に入りなさい」「まずは将来の為に貯金しておきなさい」などという教えは、もはや無用どころか有害です。

国、会社、貯金に代わって私たちを守る、自分の資産を手に入れるべきなのです。

あなたが手に入れた不動産事業は、あなたを決してリストラしませんし、定年退職もさせません。

あなたの今の生活に月収+50万円を手に入れることができれば、大切な家族との生活の安心、豊かさが変わります。

不動産投資による最大のリスクとは、借金が返せなくなるデフォルトリスクです。

これが怖くて不動産投資に踏み出せない人はたくさんいます。

ならどうするか?簡単な話です。

借金0円で不動産投資を始めれば良いのです。

次章から、会社勤めのあなたが借金0円で不動産投資を始める具体的な方法についてお話していきます。

苦労して貯めた老後資金を恐る恐る切り崩す老後と、毎月自分の資産からお金が入ってくる老後、どちらが幸せかは言うまでもありません。

ぜひ、あなたには本書を読み進めて頂き、お金の自由をつかみ取ってほしいと思います。

100万円あったら将来のために種を撒きましょう~サラリーマンなら誰でもできる不動産投資術
 

 
不動産投資をするにあたり、どんな物件を狙うかはその人の属性によりますが、たとえ新築の物件を購入したとしてもリスクは0ではありません。

まして、100万円台で買える不動産であれば、絶対にどこかに欠陥があります。

事前調査をしっかりとする、どの程度の修繕が発生しそうか把握する、きちんと保険に入っておく等で、ある程度のリスクはカバーできるものです。

何か起こったとしても、元手が100万円台であれば、人生が終わってしまうほどの損害を被る事はないでしょう。

「リスクは絶対に嫌だ!」ではなく、「この程度のリスクであれば大丈夫!」と線引きし、進んでリスクをとれる方であれば参考になる本だと思います。

無料の不動産投資相談サービスなら【トウシェル】(資料請求)



4 件のコメント

    • もちろんですよ。
      住む家は誰にでも必要です。
      しかも、賃貸のアパートやマンションの数に比べ、一戸建ての数は少ないですから、全国的に需要があるのです。

  •  この本じゃなくてマッコリさんの電子書籍購入しました 都心に住むものには100万で変えるというのが現実離れに思えます。リフォーム費用だって200万で住むのか・・・ と。

    • はへほ様

      ご購入頂きましてありがとうございます!
      オーナーチェンジの説明に重点をおいてしまい、空き家購入の説明が不足して申し訳ありませんでした。
      不動産売買サイトや空き家バンクで検索すると、100万円以下の物件がゴロゴロあります。
      都会の安い物件はネットで探すのは難しいので、直接街の不動産屋さんを回り、探すことになります。
      また、リフォームする箇所は挙げればキリがありません。人が借りてくれる最低限のリフォームをすることを想定しています。

  • コメントを残しましょう

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ