夏休みは家族で古民家に泊まって思い出作りをしよう!

 
もうすぐ夏休み!

そろそろ、「今年はどこに行こうか?」と家族会議をする時期かもしれませんね。

え?「遠すぎず近すぎず、あまりお金をかけず、人混みがない良い場所はないかな?」ですって?

そんな都合の良い場所が・・・

あるんです!!



そこで私がオススメするのは、ズバリ「古民家体験」

車で行けるそこそこの距離で、宿泊料は安く、一棟貸し切りなので家族だけでのんびり過ごせます。

都会ではなかなかできない体験なので、家族の思い出作りとしては最高ではないでしょうか。

そのような古民家は全国にいくつもありますが、実際に私が体験した古民家をご紹介します!

 
まずは、高知県四万十市にある囲炉裏が素敵な「百々世庵(ももせあん)」です。

ここの予約は電話のみで、予約をしてからも確認の通知や事前連絡があるわけではありません。

なので、本当に予約が取れているのかどうか心配で、直前に確認の電話を入れましたがちゃんと予約が取れていました(笑

高知県へは私が住む横浜からは車で行けない距離ではありませんが、現地での滞在時間を長く取りたかった為、今回は飛行機(羽田~松山)&レンタカーで行きましたよ。
 
地図でいうとこんな場所です。

さあ、レンタカーで現地に到着しました。

小高い場所にある一軒家が「百々世庵」です。

宿側から見るとこんな感じ。

この宿は「トトロに登場する家に似ている」という事で人気があり、リアルさつきとメイの家とも呼ばれています。

素泊まりだけど、自炊に必要な調理器具や食器は全部揃っているのですよ。

 
宿に着くと、いきなりスズメバチの巣がありました。

管理人さん曰く、「先日駆除したばかりなのに、また出来てる・・・」

しかし、すぐに取り除いてくれましたよ。
 
さらに、庭で蛇の抜け殻を発見。

そして、畑の作物を荒らしにイノシシも出没するとか。。

まさに大自然!
 
私の旅に欠かせない友人Sさん。それと、常に挙動不審な男。

 
では、宿の中に入ります。



宿のオーナーさんに色々と説明を受けてます。 ↓




 
蚊取り線香は必須アイテム。 ↓

蚊以外の虫も多いです。夏ですからね。

夜など、室内の明かりで寄ってきた虫が窓にたくさんひっついていたのにはちょっと驚きでした(^^;

一番困ったのはやはりスズメバチ。

室内に入り込まないように慎重に網戸を開閉するのですが、いつの間にか網戸の内側にいたことが2度ほどありました。
 

この百々世庵の魅力は、やはり囲炉裏。


 
それと、五右衛門風呂。


 
さて、無事にチェックインを済ませたところで、散歩がてら買い出しに行きましょうか。

食材はスーパーに、酒は近所の酒蔵に買いに行きました。


杉玉ってなんか好き。


 

宿に戻り、買い込んだ食材等を冷蔵庫に詰めます。


 
では、そろそろ宴会の準備をしましょうかね。

料理をすすんで引き受けてくれるSさん。

無料で頂いたオクラを茹でてます。

黙々と作業をするSさん。花嫁募集中です。


囲炉裏で使う炭や網まで準備をしてしまうSさん。頼れる男です。

 
囲炉裏で使う炭をガスコンロで焼きます。


 
そして花火を・・・

ではなくて、その炭をうちわで煽って着火しているところです(笑

 
焼けた炭を囲炉裏に移し・・・

これで準備OK。では、宴会の幕開けです。




 
途中で友人たちがどこかへ行ってしまい、一瞬誰もいなくなった宴会場。

裸電球の明かりが良い感じ。
 
そろそろ五右衛門風呂の火を起こしはじめましょうか。

煙突からは煙がもうもうと。

私が早まって一番風呂に入ったのですが、火力が弱かったのかだいぶぬるかった。

それでも、お風呂の底からジンワリと温まってくるのが感じられましたよ。

五右衛門風呂にくべた薪は、自然に燃え尽きるまで放っておきます。

間違っても水などをかけて火消しをしてはいけません。

そんなことをしたら、その水が乾くまで薪を燃やす事ができませんからね。

そして、お風呂の湯は翌朝まで抜いてはいけません!コレ肝心。

まだ風呂釜が熱を持っているのにお湯を抜いたら、空焚き状態になってしまいますからね。

それにしても、五右衛門風呂はなかなか貴重な体験でした。

 
初日の夜は蚊帳を吊って寝てみました。(宴会でかなり酔ったので撮影できず)

私の頭のすぐそばに、網が破れて大きな穴がポッカリと空いていましたが。

 
そして庭にはBBQ場もあります。

あまり使われていないのか、木製のBBQ台とベンチが朽ちていますね。。

ロケーションはイマイチですが、せっかくなので二日目の昼食時に使わせてもらいましたよ。


アブや蚊が多いので、ここでも蚊取り線香が役立ちましたね。

さて、ここではトイレットペーパーと蚊取り線香だけは管理人さんが補充してくれるようですが、その他の消耗品は置いてありません。

ですが、石鹸やシャンプーや食器用洗剤などは揃っていました。

どうやら、宿泊客がそのまま置いて行くらしいです。

私も持参した洗濯用洗剤、石鹸、蚊取り線香、軍手を寄付してきましたよ。

 
この「百々世庵」は高知県の四万十市。

夏休みに四万十市に行って、四万十川で遊ばない手はありませんよね。

冒頭で「遠すぎず近すぎない場所」と言いましたが、関東から高知県はなかなか遠いです。それなのに敢えてこの場所に行ったのも四万十川で遊びたいから。

ということで、川遊びの模様は次回にお伝えします。

【百々世庵(ももせあん)】高知県四万十市西土佐西ヶ方1457-9
宿泊料 一人一泊4,500円 二人目より3,500円
問い合わせ・予約(カヌー館) TEL:0880-52-2121




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す