ラ・メール・プラール伝統のオムレツ

 
この店、フランスのモンサンミッシェルに本店があり、私が今回行った有楽町店は日本第一号店です。

看板メニューのオムレツが有名なお店ですね。

このオムレツは「幻のオムレツ」と言われていましたが、現在は新宿と横浜にも支店があるので、既に幻ではなくなっています。

この巨大オムレツ、玉子を5~6個使っているかと思っていましたが、調べてみたら意外にも3個だそうです。

ダチョウの玉子ではありませんよ。

それにしても、焼き具合が非常に綺麗で、食べるのがもったいないですね。

これは、ナイフでカットして食べるのですが、フワフワ過ぎて切りにくいです。

フォークの大きさと比べてみて下さい。このボリュームの凄いこと。

食べてみると、うっすらと塩味です。

やさしい味と言われていますが、それにしても味にパンチが無さすぎます。

量が量なだけに、さすがに完食前に飽きてしまいますね。

やはり、このようなお上品な食べ物は私の口に合わないようです(笑

調味料は塩とコショウだけありますが、マヨネーズやケチャップなどもあれば、色々なバリエーションの味が楽しめて楽しいと思うのですが。

それと、これの甘いバージョンを作ったら面白いと思います。

ホイップクリームやフルーツを中に入れて、オムレツ風ジャンボクレープとして売り出したらヒットしそうな気がします。

注)こちらのお店は現在リニューアル工事中であり、当記事の内容は工事前のものです。

【ラ・メール・プラール】東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム内



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、平々凡々のサラリーマン。 主に地方の築古戸建に投資する温泉ソムリエ大家です。 現在は育児中の妻のサポートとブログ執筆に奮闘中。 【好きな事】旅行、温泉、お笑い、お酒、スノボ、男はつらいよ 【資格】宅建取引士、古家再生投資プランナー、建設業経理士1級、温泉ソムリエ