銀座の「喫茶アメリカン」では巨人のサンドウィッチが食べられる!

 
本日は久々の銀座から。

「サンドウィッチの美味しい喫茶店がある」という情報を聞き、所要で東京に行った際に寄ってみました。

この喫茶店、朝は6:30くらいに開店して10:30にいったん閉店。で、12:00から午後の部の営業が始まるそうです。

今回は午前の部に間に合いそうにないので、午後の部に行く事にしました。

この日は平日。お店の周辺はオフィス街なので、12:00にはビジネスマンやOLのランチタイムで混雑する事が予想されます。

かといってランチタイムをずらすとお目当てのサンドウィッチがなくなってしまう可能性があります。

そう、パンがなくなり次第閉店なのです。

という事で、午後の部が始まる10分前の11:50の現着を目指すことにしました。

車で向かいますが、お店の周辺は一方通行が多い駐車場の激戦区。

何とか車を停められましたが、予定より遅れて12:10くらいになってしまいました。

お店に急ぎましょう!

お店が見えてきました。あの緑色の屋根。

「お!誰も並んでないじゃん!」

ラッキーでした!では入ります。

すると・・・

満席状態でした(笑

そう、開店前から並んでいたお客さんが席に案内された後だったのです。

私たちは二巡目になります。

お店の内装は実に賑やか。壁や天井にポスター類がたくさん貼ってありますね。


オーナーが佐賀県出身だそうで、佐賀に関する張り紙や置物が目立ちます。


店名は「アメリカン」といいますが、アメリカ合衆国とは関係ないのでしょうか??

順番待ちの椅子に座って待つこと10分ほどでしょうか。空いたテーブルに案内されました。

二人横並びのテーブルです。

メニューはサンドウィッチセットのみ。

好きなサンドウィッチとサラダとコーンスープとドリンクのセットです。

サンドウィッチは、私はパストラミ(ハム)で奥さんは玉子を選びました。

こちらの店頭ではテイクアウトもでき、店員さんが厨房から店頭のショーケースへひっきりなしにサンドウィッチを運んでいました。

登場しましたよ!まずは玉子サンド。


凄いですね(笑

普通に食べようとするとアゴが外れそうなので、パンを一度解体して食べる事になります。

すると、玉子サンドというよりは単なる玉子を食べているかのよう(笑

しかし、この玉子も本当に美味しかった!まさにThe玉子サンドの味。

さて、私のパストラミが来ましたよ。

このやりすぎ感。

噂と違わぬ「巨人のサンドウィッチ」ですね。

持ってみました。

重いです。

では、解体作業にかかります。

凄いボリュームですね。

どこからどうやって食べれば良い?

具も美味しいのですが、とにかくお伝えしたいのはパンの味。

かなりしっとりとしていてほんのり甘いのです。

そして、小麦粉がギュッと詰まっているのか見た目より重量感があります。

あ、食べきれないパンは持ち帰りができますよ。店員さんに声をかけてパックを貰いましょう。

その時、店員さん同士の会話で「ハンバーグサンド」が売り切れた事を知りました。

さすが人気商品ですね。

奥さんが、目の前で待機していた女性店員さんに話しかけてみました。

「めっちゃ美味しいですね!」

店員さんはお礼を言うものの、笑顔ではなく無表情です。

そして、「関西の方ですか?」と。

確かに関西の言葉とちょっと似ていますが、奥さんは福岡出身です。

店員さん、「福岡ですか。うちのマスターも九州ですよ。佐賀県です」

さらに、暫くすると今度はその店員さんから話しかけてくれました。

「(味は)いかがでしたか?」

奥さん、「めっちゃ美味しかったです!」

無表情でしたが、気さくな感じで話しかけて下さいました。

もう一人接客の女性店員さんがいましたが、きびきび動いていますが・・・客側からしたら何だか急かされているような対応でしたね。

他のお客さんとの会話が聞こえましたが、「それはできません」「それもできません」ときっぱり。

マスターも優しそうな雰囲気でしたが・・・「お客さんが帰ったら、早くテーブルを片付けてすぐに次の人を案内しなきゃダメでしょ!」と店員さんに注意をしたりして、ちょっとピリピリした雰囲気を感じました。この時はたまたまだったのかもしれませんが。

でも、パンの味は本当に素晴らしかったです。食べて数日したらまた食べたくなってしまいました。

次回はハンバーグサンドを狙います。

【アメリカン】東京都中央区銀座4丁目11-7



このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

コメントを残す