温泉の効能について

 
温泉には、神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性など様々な症状に効果があるとされています。

 

 

この効果のことを「温泉の効能」と言ったりしますよね。

しかし・・・本当はこの表現は誤りなのです!

「効能」という表現は、厚生労働省管轄の場合に使う事ができます(例:薬など)。
しかし、「温泉」の管轄は環境省なので使うことはできないのです。

え?でも、入浴剤のCMで確か「効能」って言ってたような・・・

バスロマンのCMで生田斗真君が言っていましたよね。

彼女のお義父さんと一緒にお風呂に入って、「バスロマンは効能色々・・・」と言ったところで、「色々なんて望んじゃいない!」ってなぜか怒鳴られるCM。

うん、確かに「効能」って言ってます。

このへん疑問に思ったので、温泉ソムリエ家元の遠間和広さんに質問をしてみました。

すると・・・

実は、入浴剤の場合は厚生労働省管轄なので「効能」と言ってOKなんですって。

CMの表現は正しかったのですね。

では、温泉には「効能」という表現は使えないとすると、効果のことを何と言えば良いかというと・・・

「適応症」と言うのが正しい表現になります。

では、全ての温泉に適応症があるのか?というとそうではありません。

「適応症」が認められるためには、「療養泉」でなければならないのです。

では、どうしたら「療養泉」と判断されるのかというと、やはり条件があります。

1.採掘時の温度が25℃以上であること
2.7種類の成分ごとに定められている規定値のうち、1種類以上規定値に達していること

このどちらかに当てはまれば「療養泉(=適応症あり)」になります。

以前の記事で、「温泉」と認められる温度は25℃とお伝えしました(記事はこちら)

ですので、25℃以上あれば即「温泉」であり「療養泉」になります。

しかし、上記の2は「温泉」よりも条件が厳しくなっていますよね。

という事は、温泉法上の「温泉」に該当しても「療養泉」に当てはまらないケースもあり、その場合には温泉の効果については公式には認められないという事になります。

「一応温泉だけど、入っても効果はありません」と言うに等しいですね。

では、「成分による効果が認められないなら温泉に入る意味がないのか?」というと、そんなことはないのですよ。

それ以外の要素による効果が期待できるのが温浴の良いところです。

例えば・・・
● 温熱効果・・・お湯の温かさで血行が促進され、新陳代謝が高まり、体内の不要物の排泄を促します。
● 水圧効果・・・全身に圧力がかかり、内臓が刺激され、天然マッサージ状態になります。
● 転地効果・・・日常生活を離れて自然に恵まれた温泉地に行くことにより、自律神経の中枢のスイッチが入り、ストレスを解消して精神疲労や体調不良の改善にもなります。
● 発汗効果・・・体内には汗でしか排出できない老廃物もあり、入浴による発汗でそれらの排出を促せます。

これら以外にも様々な効果が期待できる温泉。日常生活に上手に取り入れて、健康維持・増進に役立てたいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

コメントを残す