個性的な外観の「珈琲工房原田」は店内も異空間だった!

 
大分県日田市にあるカフェ。

ここへは冬に行きました。

カフェ病の奥さんが見つけたお店で、「是非行ってみたい!」という事だったので寄ってみました。

バラック小屋のような建物に絡まる青々としたツタ。

見事なツタですね。

夏は緑のカーテン効果で涼しいのかもしれません。

「ここ営業してるの??」と思ってしまいますが、ちゃんと営業しているはず。

だって、ここに向かう前に電話で確認しましたから(笑

お店には数台分の駐車スペースがあるようです。その一角になんとか止められました。

ここは「珈琲工房原田」さん。

自家焙煎珈琲のお店なのです。

お店に入ると・・・コーヒーが飲める普通のお店的な雰囲気。

しかし、ちょっと混雑気味の様で、「お2階へどうぞ」とのこと。

2階に通じる扉には謎のメッセージが ↓

私と奥さんはこのお店の事を「宇宙カフェ」と称していました。

あとから写真を見て気が付いたのですが、実は「宇宙」ではなくて「土宙」でした。

「土宙」って何だ!?

では、階段を上ります。生きて帰れますように。

そこには・・・


何でしょう・・・何とも形容しがたい異空間がありました。

何をモチーフにしているのでしょうか??

ギターやラジカセは本物のようです。


この空間は全てマスターが作ったそうです。芸術家肌なのかもしれませんね。


そこへ、そのマスターが現れました。

そして、ストーブに灯油を入れ始めました。

繰り返しになりますが、この時は冬。

「土宙の間」は誰もお客さんがいなかったので寒々としています。

なので、ストーブをつけてくれるのですね。

優しいマスター!

と思いきや、灯油を入れただけでストーブを点けずに去ってしまったマスター。

何かの謎かけでしょうか?マスター!

さて、コーヒーが来ましたよ。

見た目は普通ですが油断なりません。

味は・・・

美味しいです(^^

ミルクは付いてこないのですね。

しかし・・・この空間は暗いし寒いし奇妙だし。。

私はやっぱり太陽の下でコーヒーが飲みたい(笑


【珈琲工房原田】大分県日田市中城町13-7




このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

コメントを残す