これが「マイナンバーカード」

 
以前の記事で、「マイナンバーカードを申請しました!」とお伝えしましたが、この度やっとできあがりました。

これが現物です。


※すでに公開している顔と名字以外の項目は伏せておきます

 

そして裏面 ↓


※マイナンバーの部分は黒く塗り潰しています

 

サイズは免許証やキャッシュカードと同じ。

このカードは専用のビニールケースに入った状態で渡されます。

そのビニールケースとはコチラ ↓

銀色で塗りつぶされた部分がありますね。表面2か所に裏面1か所。

これにマイナンバーカードを入れると・・・

これで、大事な部分が見えなくなるというわけです。

下の部分は「臓器提供に関する署名欄」。

上の部分は「性別」。

・・・なぜ性別を目隠しするのでしょうか??

そして、裏面の目隠しは、もちろん「個人番号(マイナンバー)」。

裏面にはICチップが埋め込んであり、ここに個人情報が詰まっています。

このマイナンバーカードがあれば、住民票や印鑑証明書などがコンビニの複合機で簡単に手に入ります。


遠くにある役所の窓口まで行き、何十分も待って印紙を購入して本人確認をして・・・という手間がなくなるうえ、手数料も安くなるのです!

さらに、電子申告に対応しているので、確定申告をする方にとっても非常に便利です。

今までは、「申告書を記入(又は国税庁ウェブサイトから入力 → 印刷)→ 税務署に提出」という手間が必要でしたが、自宅に居ながらネットで即時申告できてしまいます。

ただし、電子申告をするには別途ICカードリーダライタが必要です。

ICカードリーダライタというのは、カードをパソコンに読み込ませる機器で、安いものは千円ちょっとで買えます。

電子申告が始まった当初、「今電子申告をするとお得な特典がありますよ」的なキャンペーンがありました。

確か5千円分の税額控除か何かだったと記憶していますが、私もその時に安価なカードリーダライタを購入済みなので、いつでも準備OK。

さらに、厚生労働省は「2020年度からマイナンバーカードを健康保険証の代わりとして使えるようにする」と発表しています。

今後も用途が拡大していきそうですね。

それにしても、マイナンバーカードを申請してから出来上がりまでが意外と長かったですね。2か月かかりました。

普及率が10%未満なのにこれだけ待たされるとは。

国民が一斉に申請したら、2年待ちとか3年待ちになるかもしれませんね。

マイナンバーカード取得を検討している方、今なら2か月待ちですよ!



このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

コメントを残す