輪島朝市でしか食べられない「えがらまんじゅう」

 
石川県の輪島朝市に行ってきました。

日本最大の朝市は「八戸」ですが、個人的にはここ輪島の方が有名のような気がします。

駐車場は、朝市から徒歩1分のところにある「マリンタウン駐車場」を利用するといいですよ。(有料)



では、散策開始!




「輪島塗り」のお土産もたくさんあり、私はお土産用に箸を買いましたよ。










今回はどうしても「えがらまんじゅう」が食べたくて、散策しながら探しているのですが・・・

あ!ありました。目印の黄色いノボリ。


これが「えがらまんじゅう」。輪島の朝市でしか食べられません。

餅の表面にもち米をまぶして蒸かしてあるので、餅ともち米の微妙な食感の違いを楽しめます。

この黄色はクチナシの色だそうです。自然色の黄色はとても綺麗ですね。

「えがらまんじゅう」という名前の由来ですが、見た目が栗のイガに似ているので、「イガ」が「えが」になまったからだそうです。

店頭で1個から購入できるので、朝市散策しながら食べるのにちょうどいいですよ。

できたては温かくて軟らかい。甘さ控えめなのも私的には嬉しいですね。

そばには店舗もありました。

それにしても、輪島の朝市って面白いです。

歩いていると、魚介や野菜売りのおばちゃんが必ず声をかけてきます。

「買っていってー」「安くするよー」みたいな感じで。




でも朝市の品はホントに安いんですよ。

さらに、おばちゃんも気前よく値引き交渉に応じてくれます。

ちなみに、私は能登産の乾燥ワカメを大特価で購入しました。

友人は孫の手とコーヒーカップを購入していました(謎)

【饅頭処つかもと】石川県輪島市河井町朝市通り





このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

コメントを残す