石川県の「世界一長いベンチ」を独り占め!

 
石川県の増穂浦海岸沿いには、「とてつもなく長いベンチ」があるそうで、行ってみました。

詳しい場所はここです。

付近に電車は走っていないので、車で行くしかなさそうですね。(ちなみに、現地には駐車場はあります)

「志賀町」に入りました。

あ、看板がありますね。

ベンチの長さは460.9mだそうです。

階段がありますね。上った先にベンチがあるのでしょうか。

何やら石碑のようなものが見えますね。

近寄ってみましょう。

「この歌は・・・」とありますが・・・

何のどの歌だ!?

裏側にその歌はありました。というか、こちらが表側でした。

「慈母の愛を讃える」歌なのです。

「岸壁の母」

悲しく切ない物語が刻まれていたのですね。



そのベンチはすぐそばにありました。

噂どおり長ーーいです。





所々にベンチが区切れているように見える部分がありますが、これは窪みがある為。ベンチは真っすぐ一直線ではありませんが、全て繋がっています。

これは、「世界一長いベンチ」として1989年にギネスブックに掲載されました。

この辺りは夕日の名所で、「日本海に沈む夕日を見てほしい」という地元住民の思いを受けて、1987年にボランティアたちの手で組み立てられたそうです。

一度に何人くらい座れるのでしょうか?

1mの長さで3人座れるとすると、1,383人くらい座れそうですね。

窪みがあるところにはテーブルが設置されています。

なかなか凝っていますね。

ベンチから海を臨む。

私がここに訪れた時は祝日だったので、観光客がわりといました。

しかし、ベンチの写真を撮る人は多かったけど・・・座る人は誰もいない!

なんと勿体ない。。

「無駄に長いベンチ」と言われない為に・・・

一人占めしちゃいます(笑

【世界一長いベンチ】石川県羽咋郡志賀町相神




このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

コメントを残す