kindle paperwhiteを買ってみた

 
「電子書籍なら本を貯めこんでおける上に嵩張らない」

というのは知っていましたが、それでも「自分は紙の本派!」でした。

「紙の本ならパッとページ全体を見渡せるし、ページを戻ったり進んだりするのも手でめくりながらのほうが断然早いだろう」と思っていたからです。

私は通勤時の電車では読書をします。

つまらなかった本、これはもう読むことはないと判断した本は売ったり捨てたりしますが、「また読むかもしれないな」と感じた本は保管するので、どんどんと本が溜まっていきます。

そしてある日、「もうこれはkindleだな。。。」と突然思い、なかば衝動買いしてしまいました(笑

さあ、アマゾンから荷物が届きましたよ。

開けます。

入ってました!kindleです。

相変わらず無駄にデカい段ボール箱。地球環境に優しくない。

kindleの外箱から内箱を引き出して・・・

厳封されていますね。

矢印の点線に沿ってシールを剥がします。

kindle本体の登場です。はじめまして。

手に取ってみました。

想像よりはるかに軽い。

薄いですねー。ボールペンと同じくらいでしょうか。

私が通勤時に持ち歩いている単行本と比べてみました。※文庫本ではありません。文庫本よりちょっと大きい本です。


こんなに薄いのに、活字の本であれば1,000冊程度収納できるとは驚きです。

先日スマホを落として画面を割ったことから、このkindleはカバーを付ける事にしました。

楽天で安くてかっこいいのを見つけましたよ ↓

色はインディゴブルーで決まり!お値段は950円です。

早速購入し、取り付けてみました。


良い感じですね。

オートスリープ機能付きで、フタを開ければON、閉じるとOFFになるのも嬉しいです。

本体にピッタリとフィットするので、全く嵩張りません。

この「kindle paperwhite」ですが、いつもはこの価格

ですが、Amazonでは年に何回かセールをしていて、場合によっては1万円以下で買える事もあるようです。

私は先日の「春のセール」でかなり安く買えました。

セールは不定期のようなので、「kindleを買うつもりだけど、今すぐでなくても良い」という方は、Amazonのサイトをこまめにチェックすれば安いタイミングで買えますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す